*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせ5000回達成です。『ひみつのカレーライス』
2009年5月30日。
ひつじ6歳3ヶ月。読み聞かせカウントを始めて2年と8ヶ月で
5000回に到達しました。(^o^)丿
10000回の折り返し地点にようやく来ました。
記念すべき5000回目はこれです↓

ひみつのカレーライスひみつのカレーライス
(2009/03)
井上 荒野

商品詳細を見る


直木賞作家・井上荒野さんと『トマトさん』でお馴染みの田中清代さんの絵本です。
男の子がある日カレーを食べていると ガリッ☆
何かを見つけました。お父さんが調べてくれたのですが
どうやらこれは種のようです。
土に埋めてみるとぐんぐん育って・・・・・
なんとカレーの木が出来上がるのですΣ(゚Д゚ノ)ノ
あんまり書きすぎると面白くないので書きませんが
とっても夢があって美味しそうで よく出来ているカレーの木です。
立派な書斎を持っているお父さん、、小説家なのでしょうか?
割烹着を着て穏やかな感じのお母さんは良妻賢母という感じ。
なんだか昭和の匂いがプンプンするこの絵本なかなか面白いですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

読み聞かせ4000回達成しました。
先日 読み聞かせ4000回を迎えました。
2年3ヶ月かかりました。
記念すべき 4000回目の1冊は・・・
てんごくの おとうちゃん (講談社の創作絵本)てんごくの おとうちゃん (講談社の創作絵本)
(2008/11/26)
長谷川 義史

商品詳細を見る

実はこの絵本。
講談社のプレゼントでサイン本が当たったのです!
やったー新年早々幸先がいいぞ~~~(^.^)

これは長谷川さんご自身のお父さまへの思いを絵本にしたためたお話です。
長谷川さんが小さい時にお父さんは亡くなったそうです。
“はいけい てんごくのおとうちゃん。げんきですか”と始まり
もうすぐ4年生になる“ぼく”(長谷川少年)は天国のおとうちゃんへの手紙を綴っていきます。
おとうちゃんとの数々の思い出を振り返りながらも
子どもの“ぼく”の中には悲しみだけじゃなく
天国のおとうちゃんへの新たな誓いのようなものが見えて来ます。
周囲の人々に「こんなに小さいのにおとうちゃんを亡くしてかわいそうに」といわれ続けた“ぼく”
「本当にかわいそうなのは“ぼく”じゃない」という男の子の思いにジーンときます。
子どもって大人が思っている以上に強い心を持ち合わせているのかもと思わされます。

結構シリアスな絵本だけど ひつじはすごく気に入っています。
“はいけい てんごくのおとうちゃん”というフレーズが面白いみたいです。

 らぴ~♪のツブヤキ 
自分読書も久々です。
東野圭吾さんの新刊、早々と読むことが出来てホクホクです。
短編集ですが 面白かったです。
ドラマ化される前はもっと年配の人を想像して読んでいたのに
もう今では湯川教授は 福山雅治の顔をしっかり思い浮かべて読んでます。
映像化されるとなかなか嫌悪感が抜けないこともあるけど
ガリレオに関してはOKでーーっす
単に福山さん好みなだけ?
ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

2年経ちました
10月15日で読み聞かせカウントを始めて2年目に突入しました。
同時に2年間読んだ絵本の記録もノートにタイトルだけ簡単ではありますが書き留めてあります。
何気なく始めた試みだったのですが ここまで続くとは正直オドロキです。

10月15日現在 3500 回です。
2007年の一年間に570種類くらいの絵本を読んでいるのに対し
2008年の10月現在は280種類です。

やっぱり成長するごとに 冊数は減るんでしょうね。
絵本⇒児童書へと移行することだったり 図書館に向かう頻度も減ったり
子どもの興味が多岐にわたってきて絵本に向ける関心が薄れてきたりっていうような
様々な要因で。
でもまあ、これからも冊数や回数にこだわらずに(といいつつこだわってしまいますが^^;)
楽しんで絵本読みを続けていけたら・・・と思います。
目標は最低でも10歳までは娘と読み続けたいと思うんですが、できるかな。

***********************************

月末はハロウィンですね。我が家には浸透していないので
特になにをやる・・・っていうわけではないですが
先日 実家から大きなかぼちゃをもらったので
ケーキとクッキーを作ってかぼちゃ三昧のオヤツを食べました。
天高く 馬肥ゆる秋・・・ですね。
いけませんいけません、3人家族なのに18センチホールのケーキなんか作っちゃあ
3人でペロっと食べてしまいました^^;
でもまァ バターもオイルも使ってないのでしっとりヘルシーに出来ましたヨ
クッキーだけは冷凍保存できるものにしたので良かった
食べる分だけ焼いて食べましたが←それでもケーキに加えて食べたのには違いないのよね^^;
かぼちゃの絵本やハロウィン関係を少し挙げておきます。
まじょのスーパーマーケットまじょのスーパーマーケット
(1996/09)
スーザン メドー

商品詳細を見る

娘が大好きないぬのマーサシリーズのハロウィン版です。やっと読めました。

ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集)ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集)
(2003/10)
なかがわ りえこやまわき ゆりこ

商品詳細を見る

すみれかぼちゃで作った食べ物たちがすごく美味しそう


そして・・・・私と娘で作ったおやつ達。
ミルクたっぷりのアフタヌーンティでいただきました(^o^)丿うーん幸せ
かぼちゃのおやつ 

さらにもう一つ これ読みました。
愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
(2008/04/04)
荻原 浩

商品詳細を見る

特に派手な展開があるわけではないけれど
田舎の家に棲みついている座敷わらしとその家に越してきた家族との
かかわり方がとても優しくて 読んでいてすごく心地よいお話でした。
なんといっても座敷わらしがとってもカワイイんです。
ラストのオチにもフッと暖かいものが灯ってくるような終わり方で
面白かった。やっぱりいいなー荻原浩さん大好きです

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

読み聞かせ3000回目『みずくさむらとみずべむら』
読み聞かせ10000回のカウントを始めて 635日目にして3000回を迎えましたヤッター
開始当初に比べ 娘の興味は絵本以外にも様々に広がり
絵本読みは寝る前の読み聞かせのみとなってしまいましたが
毎晩平均4冊を楽しんできました♪
文章もスムーズに読めるようになった娘が逆に私に読み聞かせしてくれたり
ページごとに親子で順番に読んでみたり。
私の読み方にクレームやアドバイスがあったり・・・と日々娘の成長があるような気がして
楽しい絵本読みタイムとなっています。
短編の児童書にもぼちぼち挑戦しています。
好きなのは・・・
ふたりはともだちふたりはともだち
(1972/01)
アーノルド・ローベル三木 卓

商品詳細を見る
↑このシリーズや・・・
けんた・うさぎけんた・うさぎ
(1986/11)
山脇 百合子中川 李枝子

商品詳細を見る

いやいやえん―童話いやいやえん―童話
(1962/01)
中川 李枝子大村 百合子

商品詳細を見る

赤ちゃん絵本を読んでいたときに比べ
随分文章が長くなってしまったので4冊読むのも一苦労です、実は
でも娘本人の中ではどんなに文章が長い本でも冊数だけは変えられないらしく
夜の読み聞かせで眠りこけてしまわないように 私も体力つけなくちゃ
と思っているこの頃です。
みずくさむらとみずべむら─やなぎむらのおはなし (こどものとも絵本) (こどものとも絵本)みずくさむらとみずべむら─やなぎむらのおはなし (こどものとも絵本) (こどものとも絵本)
(2008/06/12)
カズコ・G・ストーン

商品詳細を見る

さてさて 記念すべき3000回目の絵本はコレです。
やなぎむらのおはなしのシリーズですが まだ今ひとつ娘の中ではHITしない絵本なんですよね^^;
ちっちゃな虫達の四季折々の様子が可愛らしくもあり趣もあり・・・なんですけどね。
夏に読むと涼しくなりそうな雰囲気の1冊です。

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

読み聞かせ2000回目~『子うさぎましろのお話』
11月22日で 読み聞かせ2000回目、一万回の5分の一に達しました。
始めて1年と1か月あまりかかりました。
これからいつまで続けられるか分かりませんが
娘の絵本への興味がある限り続けて行きたいと思います。
でも最近寝る前の読み聞かせが辛く感じるときがあるんですよね~
児童書に近いものを入れて4,5冊読むのはちょっと・・・
でも最低でも4冊読まないと気がすまない娘。
なんとかシステムをもう少し変えていただけませんでしょうか。
せめて眠たくない昼間に読むとか・・・・とお願いしたいところなんだけど
却下だろうなあ。。。(-_-;)
さて2000回目の記念すべき絵本はコレ↓です

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3) 子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
佐々木 たづ (1970/01)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

この絵本は唯一結婚前から私が持っていた絵本です
(特に何か思いいれがあったとかではないのですが・・・)
文章が長いのでこれまで数回読んでみたのですが娘には反応が今ひとつで。
クリスマスの絵本を読みまくっている今もう一度読んで聞かせましたが
最後まで聞いてはいるものの、やはりイラストにしか反応しませんでした。
とりわけラストのクリスマスツリーには見入っていました。

さてお話ですが サンタの国に住む子うさぎ・ましろはサンタさんから一番にプレゼントをもらいました。
もらったお菓子をさっさと食べてしまうと まだ欲しくなってしまったのです。サンタさんはもう一つだなんてくれるわけはないし・・・
考えた挙句ましろはじぶんの白い体の毛を黒く汚して別のうさぎになって
プレゼントをもらうことに成功したのです。
黒いうさぎになったましろがもらったのは小さな種でした。
いざ汚れた体を綺麗にして家に帰ろうと思うと 
その汚れはなかなか取れません。
ましろはそのときふと 自分のしたことを振り返ります。
罪悪感でいっぱいなましろは懸命に降り積もる雪を掘って土の中に
もらった小さな種を植えます。
一時の気の迷いはあったものの、雪のようにピュアな ましろの心が
起こしたステキな奇跡にあったかな気持ちになれますよ。
ぜひぜひ読んでみてくださいね♪

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓
色々な絵本紹介ブログさんが集っています。ぜひぜひご覧ください♪
FC2ブログランキングにほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 らぴ~♪のツブヤキ

続きを読む

楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。