*All archives* |  *Admin*

2006/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まほうのマフラー
まほうのマフラー まほうのマフラー
マイケル グレイニエツ、あまん きみこ 他 (2002/01)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


とうさんの マフラー、
あったかい みどりの マフラー。
「よく にあうこと。」
と、かあさんが ぼくに いった。


“ぼく”は とうさんのマフラーを巻いて学校に行った。
月曜日、火曜日、水曜日…
とうさんのマフラーを巻いてぎゅーっと握ってみると
怖い犬からも逃れられたし、
かけっこが遅いぼくでも鬼ごっこで逃げることができたし、
いつも乱暴するよしはるくんともお友だちになれた。
とうさんのマフラーは本当にスゴイ。
そして日曜日。公園でなわとびをして遊んでいると
とうさんのマフラーがぼくの首から外れて風に飛ばされてしまった。
とうさんのマフラーは探してもどこにもなかった。

私の中で衝撃が走りました!!!!
敏感な読者の方は途中で気づくのかもしれないんだけど
私は鈍感なので最後までオチが判りませんでした。
すごく胸に訴えかけてくる感動が最後の1ページで押し寄せてきます。
とにかく先入観なしに実際読んで感じて欲しいです。
ああΣ( ̄ロ ̄lll)!!!
すごく気に入った絵本なのに
巧く紹介できないことがもどかしい!!!
稚拙だな~

さてここからネタバレです(ドラッグして読んで下さい)
未読の方は読まないでね^^
ここから→最初はただ単にお父さんが普通に
“ぼく”にマフラーを貸してくれたのかと思った。
父さんのマフラーを借りて強くなりたいな~って思うほど
父さんのことを大好きで日々尊敬している“ぼく”なんだなーなんて
思い込んで読んでいたんですよね。
だからマフラーが風に飛ばされてしまったときに
“とうさんのマフラーは はるのみどりになったかな”
なんて言ってるから それでいいの??と
ちょっと後味の悪い読後感になりそうだったんだけど。
ラストを読んで なるほど!
このとうさんのマフラーは亡くなったお父さん自身の
“ぼくへの想い”だったんだねぇ。。。
“ぼく”とお母さんを残して逝ってしまったことが
心配で心配で仕方なかったんだぁ。
あたかも お父さんの思いを汲んだかのように
次第にお父さんの死を受け入れて
“ぼく”は強くて優しい子になってきた。
それをみて もうマフラーは必要ないねって思ったのだな。
そっかー“ぼく”の成長のために
マフラーは失くならなければいけなかったものなんだね。
ラスト1ページでそれが判って涙が出そうだったなー(;_;)
最後のページのお空の雲に見立てたお父さんの穏やかで優しい表情が
なんともいえません。
そしてこんなに小さな子供でありながら
親の死を受け止めなきゃいけないことは
すごく大変なことだと切なくなりましたね(>_<)

↑ここまで


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ







続きを読む

スポンサーサイト

tag : あまんきみこ/ マイケル・グレイニエツ/

まさか さかさま
まさかさかさま まさかさかさま
伊藤 文人 (2000/04)
新風舎

この商品の詳細を見る


これ!ずーーっと紹介したくてウズウズしてましたよ♪
読んですっごく気に入りました!
こういう遊び心たっぷりの絵本って大好きです(^O^)/
『まさか さかさま』
上から読んでも “まさか さかさま”
下から読んでも “まさか さかさま”
どっかのコマーシャルみたいですが あまりにもなつかCMですかね^^;
知らない方も多いかな・大汗
あらら、脱線しそうですが
タイトルの通り絵本もさかさまにして楽しめるんですよ。
どういうことかというと↑の表紙がありますよね

どういうわけか きょくげいの
へびがいうこと きかないぞ
よるのサーカス どうしよう


この表紙の絵にはこういう文章が付けられています。
いうこと聞かない蛇に頭を痛めている
サーカス団長のイラストですが
これをそのまま180度回転させると・・・・

まさかさかさま

あらふしぎ!!!
↑こういう逆さ絵になっちゃうんですね。
このイラストには
次のように文章が添えられています

マフラーまいた たびびとの
ぼうしにとまった あおいとり
さむさがすこし やわらいだ


こういう感じで11種類載ってます。
文章が七五調になっていてリズムも軽快♪
クルクル回しながら、そして娘とワーワー言いながら読んでいると
どっちが表紙のページだったか判らなくなって
何度も同じページに戻ってしまったりっていうハプニングはありましたが
すごく楽しめますよ。
オススメです。

お友だちのfooちゃんもブログで記事にされています。
学校の読み聞かせで使っているそうですが
小学校高学年でも十分オオウケとのこと。
困った時の“まさか さかさま”サマサマらしいです( ̄m ̄〃)
うちの娘には早いかもと思っていましたが
「わあ!クルってしたら女の子がおヒゲのおじちゃんになったよ!!」と
目をキラキラさせて私に言います。
『ウォーリーをさがせ!』とかに興味を持ち始めているので
こういう発見絵本みたいなものは楽しいのでしょうね。

このシリーズは他にも5種類もあります。
未読なのでどんどん読んでみたいです。
絵本NAVIによると『まさか さかさま 不思議サーカス』が
一番人気みたいですよ。

まさかさかさま〈その2〉 まさかさかさま〈その2〉
伊藤 文人 (2000/11)
新風舎

この商品の詳細を見る

まさかさかさま〈その3〉 まさかさかさま〈その3〉
伊藤 文人 (2001/06)
新風舎

この商品の詳細を見る

まさか さかさま〈その4〉 まさか さかさま〈その4〉
伊藤 文人 (2002/07)
新風舎

この商品の詳細を見る

まさかさかさま〈その5〉 まさかさかさま〈その5〉
伊藤 文人 (2004/02)
新風舎

この商品の詳細を見る

まさかさかさま ふしぎサーカス まさかさかさま ふしぎサーカス
伊藤 文人 (2005/10)
新風舎

この商品の詳細を見る


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

オオカミのひみつ
皆様には色々とご心配いただきありがとうございました。
体調も整ってきましたし、
暫定期間も特にFC2に不具合は発生しませんでしたので
今日から通常営業したいと思います。
これからも“ひつじの絵本”をよろしくお願いしますm(__)m

さて一発目はこれ↓です♪

オオカミのひみつ オオカミのひみつ
田島 征三、きむら ゆういち 他 (2003/05)
偕成社

この商品の詳細を見る


森の動物たちに恐れられている・オオカミ
誰もオオカミよりも怖いものなんてありません。
でもそんなオオカミにだって実は一つだけ苦手なものがあったのです。
それは何かって?
オオカミよりもかなりちっちゃくて
細長いからだをしている生き物です。
そいつが“オイッチニ オイッチニ”と歩いているのを見るだけで
オオカミはゾゾゾ~~っとしてくるのです。
通り道にそいつがいると必ず避けて遠回りするほど苦手。
でもそんな情けない姿を他の動物たちに見られはしないか
ひみつがバレはしないかとオオカミは気が気でなりません。
あるひのこと オオカミが3びきものウサギを追い詰めて
食べようとしていると
となりの森のハイイロオオカミがやってきました。
ウサギをめぐってハイイロオオカミと闘いになった まさにその時
なんと!オオカミの苦手なそいつが
オオカミの足元に這い上がってきてしまったΣ( ̄ロ ̄lll) 
さてオオカミは窮地を乗り切ることができるのでしょうか。

先日きむらゆういちさんの講演会に行くにあたって
予習した(?)絵本の一つだったんですが
娘が異常に気に入りまして購入しサインまでいただいたという
記念に残る代物となりました。
さてそれはおいといて オオカミの苦手なもの。
こんなに引っ張ることもないですよね^^;
この苦手なものは“しゃくとりむし”なんです。
しゃくとりむしに対してこのオオカミの尋常ではない怖がりようが面白いんですよね。
オオカミのほうは森の中での自分の威厳を守りたい一心なので余計に滑稽。
ここまで怖がりゃあバレるでしょ!!ってツッコミ入れたくなりますが
なんとかバレずに済むんですよね。
理由は読んでみてくださいね。
“ありえな~~い!!”って言うと思います・笑

自分の苦手なものとかってなるべく人に知られたくないですよね。
傍から見ていて強い人とか完璧だと思える人も
なんらかの“アキレスのかかと”はあるものです。
でもこのお話のオオカミのように
それが単なる弱点では終わらないかもしれない。
プラスに働くことだってありうるよ!ってなメッセージが見えてきたような気がします。

細かい内容までは判ってないと思いますが
娘はとにかく“しゃくとりむし”に執着してます。
コミカルな動きがいいんでしょうかね。なんだかよく判りません。
実際見せてみたら喜ぶかな~と思うけれど
しゃくとりむしって実際どんなところにいるんだろう???

シリーズはあと2作あります↓
未読なので早く読んでみたいな。

オオカミのごちそう オオカミのごちそう
田島 征三、木村 裕一 他 (1999/04)
偕成社

この商品の詳細を見る


オオカミのともだち オオカミのともだち
田島 征三、きむら ゆういち 他 (2001/10)
偕成社

この商品の詳細を見る


※さて今日は残念な1日となりました。
県内某所で行われる“スズキコージ講演会”に行くつもりにしていたのに
どうしてもそこまで出来る体調ではなく(娘も同伴することだし)
昨日泣く泣くNGにしました(;_;)
声もでないのでTELでの予約取り消しをダンナに頼み・・・・
ああ、辛い決断でした。
こんな田舎にまた来てくれるかな~スズキさん。。。
うっうっうっ(/_<) 風邪のバカぁ。


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : きむらゆういち/ 田島征三/

やっぱり読むの?!
こんな風邪引いたの初めてかもしれない。
喉の痛みはそれほどでもないんだけど
とにかく声が出ない!
かすれ声しかでなくて ヒソヒソ話でもしているよう(>_<)
1日中外出しなくて娘と過ごすんだけど声を出さないわけにはいかない
なんてったって筆談できませんし・笑
寝る前の読み聞かせも今日はお休みしたいなーと思って
「今日はお母さん声がこんな感じで出ないでしょ?だから絵本は読めないよ」
と言ったら「うん、わかった」とあっさり言うからホッとしてたら
就寝時間になって絵本をごっそり持ってる。
まった!まったぁ!!
じゃあ今日だけ特別お母さんに絵本選ばせて!
・・・ってことで 結局読まされました。

私が選んだ4冊↓
がたん ごとん がたん ごとん がたん ごとん がたん ごとん
安西 水丸 (1987/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る


まどからおくりもの まどからおくりもの
五味 太郎 (1983/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


みんなうんち みんなうんち
五味 太郎 (1977/07)
福音館書店

この商品の詳細を見る

この絵本は娘が全て読んでくれました。
最近ずいぶんと平仮名も読めるようになったので
たぶん“おぼえている”んじゃなく“読んだ”んだと思います。
字も大きいですし読みやすい絵本です。

ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか
マイク・セイラー (1980/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


できるだけ文章の短いものを選びました。
それでも疲れたぁ(*_*;

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

お父さんの読み聞かせ
今晩はお父さんの読み聞かせ
日頃夫は帰宅が遅いので夜のお父さんの読み聞かせはごく稀なんですよね。
ここんとこ私が風邪っぴきであんまり声が出ないし
今日なんて特にお休みだし 半ば強引にお願いして
私は一足先に就寝
今日は久々に楽させてもらいました
父娘の読み聞かせの様子を聞きながら眠りにつくのも
オツなもんですねーー♪
娘は久々のお父さんの読み聞かせなんでハシャギまくって
なかなか寝ず4冊だけと約束したのに
「まだ読む~まだ読む~」といって娘がグズグズ言うので
「4冊だけって言ったやろ!」と夫。
なにやら二人の間に暗雲が立ち込めておりましたが
そこはいつもラブラブな父娘のこと。
なんだかんだで仲良くご就寝のようです

昨晩読んだらしき絵本は・・・・・

うずらちゃんのかくれんぼ うずらちゃんのかくれんぼ
きもと ももこ (1994/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る

愛子さまの愛読書で有名ですよね。
ハイ♪うちもそのブームに乗って購入しました。
買ったのは1才過ぎだったから長く楽しんでいます。

サンタさんからきたてがみ サンタさんからきたてがみ
たんの ゆきこ、垂石 真子 他 (1989/12)
福音館書店

この商品の詳細を見る


最近お手紙絵本が好きな娘。
さらにクリスマスを前にしてサンタさんの話を親子でよくするので
(例えばお片づけをちゃんとしないとサンタさんが来てくれないよ・・・とかね^^;)娘にはちょうど良いかもと思って購入。

あひるのバーバちゃん あひるのバーバちゃん
神沢 利子、山脇 百合子 他 (1974/10)
偕成社

この商品の詳細を見る


もう1冊はなんだっけ??また聞いてみます。
ともあれ お父さん、読み聞かせご苦労様でしたぁ^^ありがとう

ところで
灰谷健次郎さん亡くなられましたね。。。
『兎の眼』くらいしか読んだことないですが
教育現場で尽力された方ですよね、残念です。
渡辺茂男さんも亡くなられたんですよね。
お二方のご冥福をお祈りします。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

11/22に読んだ絵本たち
ええっと・・・・
とりあえずこういうスタイルはブログの様子見ということで
今週いっぱい続けて行こうと思ってます。
昼間2冊+今晩は5冊読みました。

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる
木村 裕一 (1994/10)
講談社

この商品の詳細を見る


私の好きなシリーズ。初めて読み聞かせたけども
長すぎたのか途中からウロウロし始めました。やっぱりね。。。

だいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ
いとう ひろし (1995/10)
講談社

この商品の詳細を見る


母はウルウルしながら読んでいたのに ほぼ無反応。
大人しく聞いていたけども言い回しがまだ難しいのかなぁ

ぞうのボタン / 上野 紀子

ありのあちち / つちはし としこ

あひるのバーバちゃん あひるのバーバちゃん
神沢 利子、山脇 百合子 他 (1974/10)
偕成社

この商品の詳細を見る


ともだちや ともだちや
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (1998/01)
偕成社

この商品の詳細を見る



Goodnight Moon Goodnight Moon
Margaret Wise Brown (1991/03)
Harpercollins Childrens Books

この商品の詳細を見る

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

11/21に読んだ絵本
ちいさなたまねぎさん / せな けいこ

でんしゃにのって でんしゃにのって
とよた かずひこ (1997/06)
アリス館

この商品の詳細を見る


ぶーちゃんとおにいちゃん ぶーちゃんとおにいちゃん
島田 ゆか (2004/11)
白泉社

この商品の詳細を見る


うちにかえったガラゴ うちにかえったガラゴ
島田 ゆか (2002/06)
文渓堂

この商品の詳細を見る


サンタさんからきたてがみ サンタさんからきたてがみ
たんの ゆきこ、垂石 真子 他 (1989/12)
福音館書店

この商品の詳細を見る


くまのコールテンくん くまのコールテンくん
ドン=フリーマン、まつおか きょうこ 他 (1975/05)
偕成社

この商品の詳細を見る


島田ゆかさん、最近少しづつブーム再来のようです。
11/20に読んだ絵本
あみものおつきさま あみものおつきさま
しばはら ち (2004/11)
鈴木出版

この商品の詳細を見る


バムとケロのさむいあさ バムとケロのさむいあさ
島田 ゆか (1996/12)
文溪堂

この商品の詳細を見る


↑この2冊。今の時期にピッタリのセレクトでビックリ\(◎o◎)/!
そういうの意識してるのかなぁ~それとも単なる偶然?!
『バムとケロのさむいあさ』は娘がシリーズで一番好きな作品です。

カクレンボ・ジャクソン カクレンボ・ジャクソン
デイヴィッド ルーカス (2005/06)
偕成社

この商品の詳細を見る

最近『ウォーリーをさがせ』とか『アンパンマンをさがせ』とかにやたらと興味がある娘。これもすごく喜んでます。

オオカミのひみつ / 田島 征三、きむら ゆういち 他

また もりへ / マリー・ホール エッツ
↑相変わらず今晩もこれを読みました

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

昨晩読んだ絵本たち
毎晩4冊づつ読むのが恒例になってます。
昨晩は↓これを娘が選んで持ってきました。

また もりへ また もりへ
マリー・ホール エッツ (1969/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る

『もりのなか』よりも娘は好きみたい。
やっぱ“繰り返し”のセリフが魅力なのかな~

ことりのうち ばばばあちゃんのおはなし ことりのうち ばばばあちゃんのおはなし
さとう わきこ (2006/10/04)
福音館書店

この商品の詳細を見る

大好きなばばばあちゃん。でっかい鳥がいい味だしてます

オオカミのひみつ オオカミのひみつ
田島 征三、きむら ゆういち 他 (2003/05)
偕成社

この商品の詳細を見る


サイン本


先日の講演会で購入した絵本。サイン入りですO(≧▽≦)O


まあちゃんのながいかみ まあちゃんのながいかみ
高楼 方子 (1995/08)
福音館書店

この商品の詳細を見る


今一番娘が好きな絵本。やっと購入しました♪

※ テスト投稿のため あまりに簡素な内容ですみません。
ブログが正常運転になれば 削除します

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

きむらゆういちさんに会っちゃった♪
待ちに待った きむらゆういちさんの講演会に行ってきました。
開場時間よりも20分くらい早く現地に着いたので
かなり前の席を確保できてラッキー♪
早々に席を確保してサイン本のための絵本を物色しに。
終わってからだと混みあうからね。
30分くらい待たされ きむらさんが登場。
出てくるなり「私は話をするのがあんまり得意ではないので
実りのある話は期待しないで」とちょっとテンション低め(?)。
ちょっとシャイなのかな~っていうのが最初の印象。
話を上手く出来るおまじないがあって
是非会場のみんなに協力してもらいたいのだと仰り
紙袋で作ったオチャメなかぶりものを3つも被って
みんなに「へんしーん」と言わせて一つ一つかぶりものをとってゆくという演出ですっかり場は和やかな雰囲気に。
だんだんノってきたのか上着を脱いでポイっと床に放ってしまうきむらさん。
さっきのかぶりものも床に全部ぶちまけたままですが・・・いいんですか?
( ̄▽ ̄;)アハハ
でもいいな~こういう奔放さ。一気に親近感を持ってしまった( ̄m ̄〃)

そんな雰囲気で始まった講演会の題目は≪あらしのよるにのひみつ≫
前半は絵本刊行の裏話。後半は映画・あらしのよるにの裏話という構成でした。
『あらしのよるに』の絵本は本来1冊で終わらせようと思っていた絵本だったのに反響が大きすぎて7巻もの大作になってしまったことをファンレターを紹介しながら面白おかしく語ってくれました。
やぎのメイは初版発行当初は性別がハッキリ判る記述がしてあったそうですが
再版からはその記述を省いて読者の判断にお任せというスタイルに換えたそうです。ガブとメイは何歳くらいなの?という会場からの質問もあったりしたけどもそれにも読者それぞれの想像で読んでよいのだと言われ
読者のイマジネーションの世界をすごく大事にする方だなーと思いました。
そして中盤でご自身の著書・『風切る翼』の読み聞かせをしてくださいました。
簡単にいうと鶴の群れの中のイジメのお話。
人間の中の世界を鶴の世界になぞらえている切ないけど心に沁みるお話。
これは一般公開で絵本を作ろうという3日間にわたるイベントの中で
できたお話だということで書き出しの言葉がなかなか出てこず3日目にやっと最初の2行が浮かんできてそれからは一気にかけたというエピソードなども語ってくれました。
この絵本に関連して実際のイジメに対する木村さんの見解も少し聞けました。
人間の歴史はイジメの歴史と言っても過言ではない。
種族や宗教やいろんな意味での迫害や殺人を繰り返して今がある。
社会人となって同様のことをされればセクハラやらパワハラといって
被害者の方が堂々と訴えたりしているのに
どうして学校内にあるとイジメられる側は弱いのだろうか。
社会に出ると人のお金を盗ると窃盗罪なのに学校ではどうしてカツアゲとかで片付けられるのか不思議。虐められている人には「簡単に死んではいけない」とか訴えるのにどうして虐める人には大して訴えかけないのか。
そもそも“イジメ”という表現には後ろ暗い印象しか抱かないので
“スクールハラスメント”とかに言い換えたほうがいいのではないかというお話は興味深かったです。

映画あらしのよるにでは脚本もこなしたきむらさんのコダワリや苦労話などがすごく楽しくてこの映画を観て講演会を聞きにきていればもっと楽しめただろうに・・・とちょっと残念な気持ちになりました。
最後に質問コーナーがあり小学生からの質問が多くてビックリ。
随所に手作りらしきおもちゃを出して笑わせてくれたり
子供たちでも退屈しないように工夫されているきむらゆういちさんの講演会。
とっても実りあるものでした。
講演会が終わったらサイン会。
娘のお気に入りの絵本を買ってホクホクで並びました。

※ これはブログ障害に伴う再投稿記事です
頂いたコメントはどうしても復帰できませんでした。申し訳ありません。
しばらくはコメント・TB拒否の状態でテスト投稿して
ブログの様子をみてみることにしてみたいと思います
ごめんなさいっ!!!
お友だちの皆様にお詫びしなければいけないことがあります。
最新記事数件で皆さんから頂いた温かなレスが消えてしまいました。
申しわけありません。
今日昼間出先からこのブログに何度かアクセスしようとして
繋がらなくて変だな~と思っていました。
やっと繋がったと思ったときには最近記事何件かのレスが
全て0件になっていました。
なんだ?!これは!?とさらに時間を置いてアクセスしてみると
今度は最新記事がまるまる削除されている。
出先からいても経ってもいられない雰囲気で帰ってPCから管理画面を覗いてみたら他の記事のコメントは大体復帰していましたが
どうやらコメントについては11/15以降のものが全て削除されているようです。サイドバーも11/12現在のものが最新にされていました。
すごくショックです。今凹んでます。。。。
今日FC2でメンテ中らしく、、、
そのときに何かのトラブルがあったと思われます。
引っ越したばかりで快適だな~と思って使っていた矢先なので
残念な思いです。
追究はしてみますが多分復帰は難しいでしょうね(;_;)
コメントくださった皆様に本当に申し訳ない思いでいっぱいです。
重ねてお詫びします。ごめんなさい。
ふゆじたくのおみせ
ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ (2003/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る


おおきなクマさんとちいさなヤマネくんというシリーズの1冊。

ある日クマさんとヤマネくんの家にお手紙が届きました。
“ふゆじたくのおみせ”が本日開店だというのです。
さっそく連れ立ってクマさんとヤマネくんはお店に向かいます。
ショウインドーには様々な品物が飾られています。
この森での通貨は“どんぐり”
早速お目当ての品物を買うために森の動物たちは
どんぐりを採りに森の中へ散らばって行きます。
クマさんはヤマネくんに。ヤマネくんはクマさんに。
それぞれあるものを贈り物にしたいと考えたのです。
目指すはクマさんがどんぐり50個。ヤマネくんがどんぐり500個。
頑張って集めなければお目当ての商品を買えません。
森のみんなが品物を買って行くのを横目に見ながら
二人とも最後の1個がなかなか見つからなくて苦労します。
やっと集めたどんぐりを持ってお店に行くふたり。
ショーウインドウには“うりきれ ありがとう”の文字が!
“そ ん な ぁ”と涙を流して残念がるふたりのもとへ
お店の夫婦が出てきます。
無事にクマさんとヤマネくんは欲しいものを買えたんでしょうか?

この絵本はお友だちの鞠香さんから教えていただいたんですが
とっても私好みです。
可愛らしいイラストなのはもちろんですが
茶色をメインにした秋らしい色合いがなんとも素敵!
そしてクマさんとヤマネくんに届いた枯葉に書かれたお手紙。
“ふゆじたくのおみせ”というネーミングに
品物を“どんぐり”で買うっていう設定。
色んなアイテムがとってもいいスパイスになっていて
この物語に優しさを加えていますね。
何よりもクマくんとヤマネくんの思いやり。
自分のことよりも相手のこと
これって口で言うのは簡単だけど
なかなか実行できるモンではありませんよね
そして森の動物たちやお店の夫婦の気配りがとっても温かいのです。
娘は最初のお手紙の内容を必ず自分で読みたがります。
『ぐりとぐらのかいすいよく』でもそうでしたが
文中のお手紙のページって子供が読みたがりませんか?
ここは自分が!と言って譲らないのです。
冬を迎える今の時期にピッタリの絵本です。
心もあったかくなりますよ。

さてちょっとネタバレ
(よろしければ以下文字を反転(ドラッグ)してお読みください)
ふゆじたくのおみせで
ヤマネくんはクマさんに大きな白いセーターを。
クマさんはヤマネくんに小さな赤いチョッキを贈ろうと考えるんですよね。
二人がお互いの喜ぶ姿を想像して懸命にどんぐりを探す様子がいじらしい。
あまりに真剣になりすぎて最後の1個は取り合いになる感じになってしまう二人。
肩を落として残念そうに帰ってゆくクマさんを見ていられなくて
じゃんけんに勝ったヤマネくんがさりげなくクマさんに譲ったり・・・と二人の思いやりにはとってもジーンときますね。
そんなふたりの思いを知ってお店の夫婦に口利きしといてあげる動物たち。
そして贈り物だと知って綺麗なラッピングをして待っていてくれたお店の夫婦。様々な温かい心に触れられます。
最後に出てくるお店の夫婦、これはリスの夫婦なんですが
なるほどお店の通貨が“どんぐり”だったのはそういう訳かーと判ります。
なかなか読んでみると深いですね。

ネタバレ終わりです(読んで下さった方ありがとう)


※おおきなクマさんとちいさなヤマネくんシリーズ↓



もりいちばんのおともだち―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん もりいちばんのおともだち―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ (2002/10)
福音館書店

この商品の詳細を見る


あめのもりのおくりもの ― おおきなクマさんとちいさなヤマネくん あめのもりのおくりもの ― おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ (2006/04/20)
福音館書店

この商品の詳細を見る


めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ (2005/01)
福音館書店

この商品の詳細を見る
まゆとおに
まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし
降矢 なな、富安 陽子 他 (2004/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る


ある北の山のてっぺんには のっぽのやまんばと
その娘・まゆが住んでいました。
ある日まゆはとんでもなく大きな“ひと”と出逢います。
それが“おに”とは気づかないまゆは
鬼の誘いに乗って鬼の家について行ってしまいます。
鬼はとてもお腹がすいていて まゆを食べようと目論んでいたのです。
鬼に言われるままに手伝いをする まゆ。
焚き木がいるからと言われ
バキバキバキっ!!!!と松の木を一本、根こそぎ抜いてしまう まゆ。
火を囲む石ころをもってこいと言われると
まゆは鬼の家の石壁を力いっぱい蹴っ飛ばし
石ころを作り上げて軽々と日の囲いにしてしまった。
まゆの怪力に驚く鬼。
それでもお風呂を沸かすからとまゆを言いくるめて
大なべにぐらぐら湯を沸かし 徐々にまゆを食べる準備が整うと
鬼はついつい頬を緩めてニンマリ。

“さあ、もう いいぞ、じょうちゃん。
あつい おふろに おはいり”

そう鬼が言ったとき・・・・・

さてさて何が起こるのでしょうか?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


純真無垢なまゆのあっけらかんとした表情や
可愛らしくて小さな体つきをしているのにやたらと怪力なところは
『ドクタースランプ』のアラレちゃんを連想してしまうんだけど・・・
あ、年齢バレますかね(~_~;)
とにかくとってもカワイイまゆ。
どうして降矢ななさんの描く子供たちはこんなに
表情豊かで可愛らしいんでしょう。
見ていて頬ずりしたくなるほどいとおしくなるんですよね。

“しんせつなひとには  いつも れいぎただしくしなさい”

これは常にやまんばが まゆに言い聞かせているらしい言葉。
果たして この言葉がキーワードになってまゆは事なきを得るわけなんです。
何の悪意があったワケでもなく 
まゆは鬼のために良かれと思ってしたことだったんだけど
結果的には鬼を懲らしめた形になったってことが可笑しくて笑えます。
まゆの母親・やまんばは最初と最後に出てくるだけなのに
どこか存在感タップリな気がします。
まゆの言動からやまんばの性格が垣間見えるというか
すごくカッコイイお母さんって感じ。
ゴマやきのこ、山菜を混ぜ込んだ色んなおにぎりを作って
迎えてくれるお母さん。これがまたとても美味しそう。

まゆのお話は娘も気に入ってしまって
今日行った読み聞かせの講座でも
「好きな絵本はなあに?」と先生に聞かれて
「まゆとおに!」と答えていたくらい。
毎晩の読み聞かせでも「ここは自分が読むの!」
と言って譲らないセリフがあったりしてます。

このシリーズはあと2作くらい出ているみたいなんだけども
まだ単行本化されてないみたいで読めないのが残念。
今度1月に新刊が出るようなので楽しみにしているところです。


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



続きを読む

tag : ふりやなな

オオカミのあっかんべー
オオカミのあっかんべー―きむらゆういちの絵本エッセイ〈1〉オオカミのあっかんべー―きむらゆういちの絵本エッセイ〈1〉
木村 裕一

ソニーマガジンズ 2004-03
売り上げランキング : 57135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日は絵本ではありませんが・・・・
絵本作家・きむらゆういち氏のエッセイです。
もーお!めちゃくちゃ面白かったです!!
切り口が面白いんですよね。
映画化もされ今や日本一有名なオオカミとヤギのコンビといえば
『あらしのよるに』のガブとメイ。
この二人(二匹?)の会話形式で展開されていきます。
ガブとメイがニンゲンの社会を一刀両断!
ニンゲンの物事の感じ方とか教育に対する考え方など
オオカミやヤギの生涯と比較しながらというちょっと変わった視点なので
なんだか新鮮で面白いですし、目からウロコな部分も多い。
今とっても深刻な問題として考えなければいけない“イジメ”のことについてもビシバシとガブとメイから厳しい意見をいただいちゃいますが
これが押し付けに感じないんですよねー
うんうんって頷いてしまうんですよ。
これが木村氏自身のまっとうなエッセイだったら
ここまで素直に受け入れられない面もあったかも。
(~_~;)木村さんごめんなさい。
でもご自身も著書の中で同じように書かれてますもんね、いいですよね?
ま、ガブとメイの口を借りていても言わんとするところは
もとをただせば木村さんのご意見ですからね^^;
主にガブがテーマを提起してメイは受け役のような形で進めて行く
様々な会話が興味深いです。
大抵のテーマで「ハハハ、まったくだ」というメイの〆のセリフも笑えます。
全部で何回発言してるか数えるのも面白いかな?
途中でこの二人に加えて木村氏と3人の座談会1や
うさぎのウキちゃんを司会に3人のオオカミたちの座談会2などが織り込まれていて変化をもたせています。
この3人のオオカミとは『あらしのよるに』のガブと
ゴンノスケのはらぺこ日記シリーズのゴンノスケ、
『オオカミのごちそう』『オオカミのひみつ』など
いっぴきオオカミシリーズのいっぴきオオカミさん・・・の3人。
いっぴきオオカミにやたらと肩入れする軽~~いノリの
うさぎのウキちゃんがとってもいい味出してます。
木村さんって“オオカミ”の絵本をたくさん描かれてますよね
オオカミに思い入れが深いようでその点も語っていらっしゃいますよ。
実際の木村さんはすごく客観的に物事を捉えることの出来るちょっとクールで
でも結構くだけたお方かなという印象を抱きました。

先日から木村氏の著作(絵本、大人向けともに)何冊か読んでいますが
にわか勉強では追いつかないくらいにたくさんありますよね。
なぜ木村氏の本なのかって?
17日に講演会に行ける事になったのでーーっす
友人と3人でいってきまーっす(^O^)/楽しみ♪


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



tag : きむらゆういち/ あらしのよるに/

ことりをすきになった山
ことりをすきになった山
エリック=カール絵 / アリス=マクレーラン文 / ゆあさ ふみえ訳
偕成社 (1987.10)
通常24時間以内に発送します。


ことりをすきになった山
↑絵本NAVI絵本紹介ページへ

荒れ果てた野原にごつごつした岩山がありました。
太陽の暖かさはあっても岩山には雨や雪の冷たさしか感じることはなく心は荒んでいたのです。
でもある日ジョイという名前の一羽の小鳥が岩山に立ち寄りました。
初めて生き物の温かさに触れた岩山はぜひそばに留まっていてくれるように頼みます。
ジョイはその申し出を受け入れることはできないけれど毎年春にかならず来ることを約束して
岩山の元を離れます。
それからというもの岩山はただただジョイの訪れを待ち焦がれる日々を送り
ある日とうとう岩山の心臓は爆発し岩肌が崩れ、岩山の涙の川が流れ始めます。

岩山のジョイに対するいとおしさと岩山の寂しい心に答えようとする小鳥・ジョイの優しさがひしひしと伝わってくる絵本です。
読んでいてとても切なくなってしまいます。
岩山とジョイのやりとりを通して
人の気持ちを汲み取ってあげることの大切さとか
自分のできる範囲でいいから人のために何かやってあげたいとかいう気持ちを
娘も持ってくれるといいなぁと感じながら読み聞かせてみました。
漢字も多く文章も長いので一度の読み聞かせしか持ち堪えられませんでしたし
内容はほとんど判らなかったとは思いますが
エリック・カール氏のカラフルなイラストから何か伝わったかも・・・と思う私です。
読み聞かせ年齢・・・と決め付けるのもナンですが
5,6歳というところでしょうか。


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

tag : エリック・カール

ハトにうんてんさせないで。
ハトにうんてんさせないで。ハトにうんてんさせないで。
モー ウィレムズ Mo Willems 中川 ひろたか

ソニーマガジンズ 2005-09
売り上げランキング : 69819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バスのうんてんしゅさんに頼まれました。
“ちょっとこれから でかけてきますが
わたしのバスをみててくれませんか?
くれぐれもいっておきますが

ハトにうんてんさせないで

運転手さんはそういい残して去っていくのですが

はぁ?!どうゆーことっ!?

・・・と驚く間もなく 問題のハト登場~~。

不敵な笑みを浮かべて

“えへへ うんてんしゅさんいっちゃいました”

と言いながらバスに近づきます。
なぜだか知らないけれどハトは
すごくバスを運転することに憧れているらしい。
アノ手コノ手でせめてくる。
時には媚びるように、また時には拗ねるようにして
“うんてんさせて~”としつこくねだってくるのです。

表情豊かなで言葉も巧みなハトの様子が可笑しくて可笑しくて
ついつい吹き出してしまいます。

実はバスの運転手さんが“バスをみていて”と頼むのは読者自身。
だからハトは必死になって読み手に向けてアピールするのです。
その設定が娘には判るかな~と娘の様子を見ながら
読み進めていくと・・・・
後半ではハトに向けて
「ダメだったらダメなのっ!」と笑いながら連呼してたので
ハトとの駆け引きを楽しんでいるのでしょう、良かった♪
頑なに断られたハトはふてくされにふてくされるんだけど
ラストで新たな野望に胸を焦がします。
全く懲りないんです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

母のお気に入りにもいれたいくらい私も大好きな1冊になりました。
原書も読んでみたいなー。

『ハトにうんてんさせないで』原書↓
Don't Let the Pigeon Drive the Bus


↓なんとシリーズこんなにあります\(◎o◎)/!
早く邦訳されないかなァ~~

The Pigeon Finds a Hot Dog

Don't Let the Pigeon Stay Up Late!: Do Not Let the Pigeon Stay Up Late!

The Pigeon Has Feelings, Too!

The Pigeon Loves Things That Go!



ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

かあちゃんのせんたくキック
かあちゃんのせんたくキック
平田 昌広文 / 井上 洋介絵
文化出版局 (2003.4)
通常2-3日以内に発送します。


がぁーがががが
きょうもおんぼろせんたくきが動かなくなった
さあ、かあちゃんの出番だ!!

せんたくキック
かあちゃんのキックがめり込むように決まると
せんたくきは調子よく動き出した。

今度はテレビがざざざざ~砂の嵐になって映らない。

テレビチョップ
するとテレビは元通り。
うちのかあちゃんはどんなオンボロでも
きあいいっぱつでなおすんだ。
うちのかあちゃんはほんとうにすごい。

気合一発で電化製品をなおしちゃう かあちゃん。
すっごい気迫です。
確かに私が子ども時代、テレビの映りが悪いと
すかさずテレビを叩いてみた記憶があります。
そして自販機のジュースが出なくて困ったとき
このかあちゃんみたいにキックまではしないけど
自販機を叩いてみたことはあります(乱暴モノ?^^;)
でも今の家電は精密だしこんな一撃を与えようものなら
かえって壊れてしまうような感じですね。
このかあちゃんは洗濯機、やテレビのほかにも
冷蔵庫、ドライヤー、外では自販機、
捨てられた大型ゴミの家電に闘いを挑みます。
なんでこの家には壊れた家電ばっかなのか・・・
という疑問はこの際おいといて(笑)
本当にパワフルなかあちゃん。読んでて気分がいいです。
そしてラストがいいんですよね。
なんでもかんでもハチャメチャなかあちゃんじゃないところをみて
かあちゃんをさらに見直す男の子の様子に私もほっこりします。

始めはイラストが好みじゃなかったんですが(井上洋介さんすみません)
読み進めるうちにこの内容にこのイラストだから
こんな面白味と迫力があるのだなーと実感しますね。


ただ読んであげたら子供たちにこう言っておかなければいけませんね。

“洗濯機やテレビにキックやチョップはしないでね”


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ





おおきな きがほしい
おおきなきがほしいおおきなきがほしい
佐藤 さとる 村上 勉

偕成社 1971-01
売り上げランキング : 48209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かおるは「大きな木がぼくんちにあったらいいな~」とお母さんに話します。
木の幹はとてつもなく太くてどっしり。
昇るのにハシゴをロープでくくりつけておかなくてはいけないような
すごく大きな木。
ずんずん昇っていくと大きな“うろ”が二つくらいあってその中にも
ハシゴを渡していて上のほうまで昇れるようになっている。
もう少し昇った先にはかおるのかわいい木の部屋がある。
コンロもあって水道まで通ってる。
そこではかおるお手製のホットケーキでくつろぐ。
奥にはこぢんまりとベッドの部屋もある。
3歳のかよちゃんがやってこれるようにゴンドラもつけるんだ。
かおるは樹上の部屋で過ごす春夏秋冬を頭に思い浮かべて
楽しんでいるのです。

子供の頃って“自分だけのかくれが”なんて響きに
恐ろしく惹かれませんでしたか?
私は田舎育ちなので 馴染みの山や行ったことのない山とかでも
友だちと弁当を持って出かけて行っては
落ちてる草や枝で“隠れ家”もどきを作って遊んでました。
それを思い出させてくれた絵本ですねーこれは。
かおるのイマジネーションの世界は限りないのです。
話しているうちに夢中になったかおるは想像の世界にありながら
あたかも現実に今ある世界のことのように楽しそうに語ります。
どんどん木に昇ってゆく先にはどんな世界が待っているのか。
かおるが木に昇る場面からは本を縦向きにして読み進めます。
読み手も実際かおると一緒に大きな木に昇っているような感覚になるから不思議です。
太い幹を昇った上には大きなうろがあって その上にはかおるの部屋、
そしてまた上には見晴し台があって リスや鳥たちが遊びにくるという・・・
ページを進むたびに子供の好奇心や冒険心をくすぐる展開になっています。
大人が聞いてもワクワクする世界。ついつい惹き込まれてしまうんですよね。
娘には文章が多いのでどうかなと思っていたんですが
やはりかおるの憧れは娘にも共通する何かがあるのかもしれません、
途中で布団の上にダイブしたり 歌い出したりと
ちょこっと飽きて脱線することはあるけども
概ね静かに私の読むのを聞いてますし、何度も“読んで”と持ってきます。
文章が長い絵本でも喜んで聞くようになって
成長したな~なんてちょっとしみじみ(*^_^*)
少しづつ変わっていく親子の絵本読みタイム。
これからも楽しみです。

ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



うんちっち
うんちっちうんちっち
ステファニー・ブレイク ふしみ みさを

PHP研究所 2004-12-23
売り上げランキング : 63061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一通り読んでみてこれは間違いなく気に入るだろうな~と思ったけども
他に借りようと思っていた本があって今回はどうにも借りられそうもない
・・・と思って棚に戻そうと思っていたら
すかさず娘が「おかーさんっ!『うんちつち』借りるったら借りる!!」と取り上げられた\(◎o◎)/!
まだ小さい音の平仮名がおぼつかないので『うんちつち』なんて言うんだけど。
結局 私の借りたい本が後回しになりこの絵本を借りてきました。
あまりの気に入りように購入するかもわかりませんです、ハイ。

うさぎの子はある一つの言葉しか喋れないのです
それは

“うんちっち”

お父さんやお母さん、お姉さんが何を話しかけても
答えは“うんちっち”
あるときオオカミがうさぎの子に言いました。

“ぼうやをたべてもいいかい?”

うさぎの子はこう答えます

“うん ちっち”

それでオオカミは遠慮なく うさぎの子をひと飲みに。

それからオオカミは何を話しかけられても
“うんちっち”しか言えなくなってしまうのです。
しまいには気分が悪くなってお医者さまがやってきてくれるんですが・・・

ナンセンスまっしぐらで楽しい絵本です。
ウサギの子が“うんちっち”というところでは
娘はニコニコもので大きな声で「うんちっち!!」と叫びます
夜寝る前に読んでるのに 
全く寝る気ないだろうよ、アナタは(ーー;)

周囲が“うんちっち”を連呼するうさぎの子を
敢えてとがめないところがいいですね。
ま~とがめたところでこの時期の子供はかえって面白がって
止めないもんですが^^;とがめるだけムダってもんです。

あるきっかけで“うんちっち”はうさぎの子の中でナリを潜めてしまうのですが次に新たな言葉で攻めてくるというオチで笑えますね。
本当に子どもの言葉遊びはとどまることをしらないです。
もー手に負えないっ!
だめだこりゃ!・・・ですよ。

なんだか私的にも笑いどころがたくさん。
まずはなんで奥付が最初のページにあるの?!
それだけで笑った!
奥付って本の履歴書みたいなもんで
刊行年月日とか重版の回数とか出版元の住所や
著者の名前とか書いてありますよね。
それがいきなり最初にあるもんだからビックリ☆
こっちが後ろだったの?!と慌ててページを確認したりして^^;
そして「食べてもいいかい?」ひと言断ってから食べるオオカミ。
ダメだと言われても食べるのには違いないんでしょうけど笑えます。
そしてお医者様が何で学ランなの?!(≧m≦)ぷっ!

ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援お願いします↓


FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


続きを読む

ブログお引越ししました
これまで使用していたブログは色々と不具合が多くて
お友だちにすごく迷惑をかけていて
申し訳ないなーとずっと思っていまして。。。
思い切ってFC2ブログにお引越しすることにしました。
すごく快適ですねー管理者ページに入るのも早いし
再構築しなくてもいいし♪満足しています。
これからはFC2でこれまでと変わらずによろしくお願いします。
みなさまには改めてLINK変更のお願いかたがた
ご挨拶に伺いますのでいましばらくお待ちくださいm(__)m

なお旧ひつじの絵本ブログはしばらく残しておきます。
記事のみの移行なので頂いたコメントのお返事などは
コチラ↓で確認くださると助かります。
ご面倒ですがなにとぞご了承くださいませ

旧ひつじの絵本

ランキングに参加しています

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
そら はだかんぼ
そら はだかんぼ!そら はだかんぼ!
五味 太郎

偕成社 1987-05
売り上げランキング : 184226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“ライオンくん!おふろですよ はだかんぼになりなさい”

“ライオンがはだかんぼになるなんて おかしいね”
“でもまあ しかたがない では・・・・”


そう!ライオンくんは仮の姿。
ライオンくんのキグルミだったんです。
頭をスポッとはずしてがばっと脱いでみると
なんとクマさんの登場です。
クマさんはきちんと洋服を着ています。
一枚一枚洋服を自分で脱いでゆくクマさん。

“そら もう はだかんぼ”
“おふろにはいるよ、おかあさん”

・・・と意気揚々とお風呂に向かうクマさんなんですが

お母さんの反応は“あらいやだ!クマくん”

どうしてなんでしょうね??
続きはご覧になってのお楽しみです。
意表を突いてて面白いですよ。

この絵本は表紙から背表紙までぜーんぶムダがないです。
表紙をめくってすぐにネコと戯れるライオンさんのイラストが
白抜きで描かれていて奥付の後ろのページでも
シーツをかぶってネコを追いかけるイラストなど遊び心いっぱい。
洋服を順番に脱いでゆくクマくん。
チョッキは“するり”と
ベルトは“ずるっと”
くつしたは“すぽっと” リズミカルな表現が心地よいですね。
娘のツボはパンツを脱ぐページ。
“♪おしり ふりふり つるん すー♪”と私が読むと

ぎゃははははは***ヾ(≧∇≦)ノ"***

い、いや そんなに笑うとこじゃないだろ!って思うんだけども
ツボにハマったらとことん笑いますよね、子供って。

多分対象年齢としては1歳すぎからOKだと思いますが
娘にはブーム再来らしく今日だけで3回も読まされました(~_~;)
背表紙にライオンのキグルミや洋服などが着せ替えのように並べて
描かれているのですが
「なんでライオンさんと洋服は手を繋いでいるの?」と娘は聞いてきました。
なるほどー私にはただ並んでいるようにしか見えないのだけど
手を繋いでいるようにも見えるなァ~


tag : 五味太郎

ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえんぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ 堀内 誠一

福音館書店 1966-12
売り上げランキング : 2492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この絵本は何年か前 藤井郁哉さんが主演したドラマで
脚光を浴びた絵本でもありますよね。
ドラマで取り上げられなくてもロングセラーで
数々のブログ管理人さんも小さい頃読んだ思い出の絵本となってたり
するのではないでしょうか?
私は残念ながら幼少の頃出会うことなく娘を産んでから読みました。

どこにいっても上手くいかないぐるんぱ。
色んなお店で失敗を繰り返し「もうけっこう!」と言われつつも
最後にはぐるんぱの始めた幼稚園に子どもが溢れてきます。
幸せなぐるんぱの様子に親子で「良かったね」と言い合いました。
ぶきっちょでどこでも必要とされないぐるんぱの様子に
娘に読み聞かせている自分もついつい切なくなりました。
多かれ少なかれこういう思いって誰でもありますよね。
かわいい絵本だけどもメッセージ性がすごく強くて
色んなことを考えさせられます。
娘にも漠然とではありますが
ぐるんぱの悲哀のようなものが伝わったんでしょうか。
ぐるんぱのような思いはこれからの娘にもきっと訪れることだと思います。

どんなにみそっかすでも自分の居場所はきっとあるよ
そういうところを見つけようね


・・・娘にそう言いたいですね



昨日はハロウィンですが結婚記念日でもありました。
キレイにこの日を忘れてしまっているダンナに
チクリとひと言言ってしまいました^^;
13年目にもなればもう忘れちゃいますよね~私も大人げなかったかな。
さて読み聞かせ10000回のカウントをサイドバーにて随時記録することにしました。
これからもがんばりまーーす(^O^)/

楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。