*All archives* |  *Admin*

2007/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物たちの毛並みに惚れる絵本
ねんねんネコのねるとこは ねんねんネコのねるとこは
エレノア ファージョン、アン モーティマー 他 (1998/09)
評論社

この商品の詳細を見る


ねんねん ねこの ねる とこは 
どんな とこでも
すやすや ぐう

さまざまに場所を変え 気持ちよく寝入るネコちゃんの様子を描きます

*******************************************************

なんとこれはっ!!\(◎o◎)/!
図書館でこのイラストを目にしてすぐに 目が離せなくなり
思わず借りてしまいました。
文章も少ないし 猫ちゃんが色んなところで眠っているだけの内容だから
0歳からでもOKみたいなシンプルな絵本なんですが
注目は絵の質感!なんですよ。
ネコちゃんの毛並みがすごく細かくて
そこにリアルなネコちゃんがいるみたいな感覚に襲われて
ついつい絵本のネコちゃんをナデナデしようと手を伸ばしてしまうんです。
いわば3Dみたいな立体感というところでしょうか。
ビリヤード台の上で ピアノの上で ぶらんこの上で 
タンスの中で 犬小屋の屋根の上で 
気ままなネコちゃんののんびりしたお昼寝タイムに
こちらまでのーんびり気分。
うららかな春に読むにはピッタリかもしれません。

娘は ぶらんこの上と靴の中に入ったねこちゃんがお気に入りのようでした。

どうぶつの質感が好きな絵本といえば・・・

これはもう超有名ですね↓
しろいうさぎとくろいうさぎ しろいうさぎとくろいうさぎ
ガース・ウイリアムズ、まつおか きょうこ 他 (1965/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る
らぴ~♪の記事へ⇒ 


ねずみくんシリーズでおなじみ 
なかえよしを&上野紀子作品↓
ねこのシェリー ねこのシェリー
なかえ よしを、上野 紀子 他 (2006/09)
長崎出版

この商品の詳細を見る
らぴ~♪の記事へ⇒ 


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

スポンサーサイト
イエペは ぼうしがだいすき
イエペは ぼうしが だいすき
石亀 泰郎写真
文化出版局 (1979)
通常24時間以内に発送します。

ぼくはイエペ、3歳だよ。デンマークに住んでいるんだ。
ぼくは帽子が大好き。ウチに100も帽子を持っているよ。
中でもこの茶色の帽子が大好き!いつでもどこでもかぶってるんだ。

**************************************************

これはイエペくんという帽子が大好きな男の子の保育園でのヒトコマを
写真で綴ったドキュメント絵本です。
数ある帽子の中でもまるでおじいさんがかぶるような茶色い帽子に執着するイエペくんの様子がとても表情豊かでカワイイんです。
外で遊ぶ時はもちろんお部屋の中で絵本を読んでもらうときも
でんぐり返しするときも とっくみあいするときも
お弁当のときでも イエペくんは帽子を脱ぎません。
あんまり帽子を脱がないものだからお友だちにからかわれて
帽子を取り上げられたり、いじわるされたりします。
だからある日帽子をかぶらないで保育園に行ったんだけど
イエペくんはどこか元気がない。
先生も心配して「なにか あたまにのせてみたら」と提案してくれます。
つぶれたサッカーボールを頭にのせてみたイエペくんの
“気持ちが晴れた”という表情のページがあるのだけど
それがすごくいい表情なんですよね^^
ブロンドの長い睫毛が強調されたイエペくんの少し笑った横顔。
こういう表情を撮るのって難しいんだろうなぁ。
あとがきに著者の石亀さんがイエペくんと芝生の上で
じゃれあっているようなショットが載っているんだけど
カメラマンと被写体がすごく打ち解けあっているから
こんなステキな写真になるのだろうなと思います。

イエペくんの様子を見てすぐに姪っ子を思い出しました。
姪っ子は娘と同級生の4歳。
1歳前からセサミストリートのエルモのぬいぐるみを離さず持ち歩いていました。
赤ちゃんだから当然エルモはヨダレでビチャビチャ。
洗濯するのも嫌がるぐらいで母親である私の妹は弱ってました。
あまりにもヨレヨレになったものだからなんとかなだめすかして
買い換えたりしてエルモは全部で3代目くらいまであったと思います。
今は小さな犬に代替わりしたようですがさすがに保育園に行くようになったので持ち歩くことは止めたらしいですが。
でも愛着を持って一つの物を大事にするのはとても大事なことですよね。
イエペくんの帽子への執着を咎めもせずに家族や先生はとても優しい目で見守る様子もとても好感が持てます。
テレビなどで同じ年くらいの子が出ると釘付けになる娘。
この絵本もイエペくんの様子をじーーっと見つめていました。
もしかしたら娘もそんな従姉の姿が頭をかすめたかもしれません。

1978年に初版が出ているので当時3歳だったイエペくんも
今では立派な青年のはずです。
その後のイエペくん、今も大事に茶色の帽子を手元に置いているのかもしれないですね。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
したきりすずめ
したきりすずめ したきりすずめ
松谷 みよ子、片山 健 他 (2006/12)
童心社

この商品の詳細を見る


松谷みよ子さんのこのシリーズ。
最近始まった(改訂版?)シリーズみたいですね。
注目していたのですが図書館になかなか入らず・・・(/_<)
やっと借りることができました。
この『したきりすずめ』は有名なお話ですので内容紹介は省きますが
私も久々に読んだから途中「ああ、そういえばこんな内容だったっけ」と
懐かしいような新鮮なような妙な気持ちでしたね。
それはイジワルばあさんに舌を切られたすずめのお宿を探しに行くのに
どろだんごをいくつも食べさせられたり 牛の洗い汁(!)を飲まされたり
かなり苦労して行き着くんだったんだねぇ、忘れてました。

娘の反応はというと
こんな怖いおばあちゃんなんてぜったいいないよ!!!
と私にやたらと力説していましたよ。
イジワルばあさんのあまりの怖さに度肝を抜かれたようです。。
なぜなら娘の二人のおばあちゃん達や時々接する地域の方はみんな優しいから
おばあちゃん=優しい人と思っているのでしょう( ̄m ̄〃)
うーん、まだまだ娘も純粋なんだなぁと感じた瞬間でした。
まぁ確かに片山健さんのイジワルばあさんはかなり迫力ありますけどね^^;
おとぎ話や昔話はまだあんまり読んだことがないためでしょうかね。
イジワルじいさんにイジワルばあさん――なんて昔話の定番ですもんね。
これから昔ばなしを色々読めば免疫も出てくるでしょう。
世の中優しい人ばかりじゃないと分かってくると娘は愕然とするかもしれないですね。
でも色々な人との出会いを経験してこそ
折に触れ優しい人たちの温かみを実感できるんですよね。
そういうことを娘が実感するのはいつかなぁ(*^m^*)

今度はこれ↓を読みたいなぁ
こぶとり こぶとり
松谷 みよ子、村上 康成 他 (2006/12)
童心社

おむすびころりん おむすびころりん
松谷 みよ子、長野 ヒデ子 他 (2006/12)
童心社




 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
はるかぜのホネホネさん
はるかぜのホネホネさん はるかぜのホネホネさん
にしむら あつこ (2007/02/07)
福音館書店

この商品の詳細を見る

ホネホネさんはゆうびんやさん。
ギコギコキー ギコギコキー・・・
木の上に住むトリオくん、土の中アパートのニョロコさん、
池に住むナマズさんなど
春風に乗って今日も自転車でお手紙を届けます。

*******************************************

ホネホネさんシリーズって人気ですよね。
でも私的にイラストが(ーー;)ムムム・・・って感じで(ファンの方すみません^^;)長らく気になりつつも未読でした。
季節柄ちょうどいいし借りてみようと手にして見ました。
すると娘がグイグイはまりました~~いやービックリ\(◎o◎)/!
親が今ひとつかもという印象をもつ絵本こそ
反って子供にはツボっていうことが多いかもしれないですね。
絵本は偏見で選ぶな!ということを実感しましたね。
不思議なもので子供が愛着を持った絵本は親も読み込んでいくうちに
気に入るようになるんですよね。
気がついたら私もいっしょに楽しんでいました(^_^;)
最初のページにホネホネさんが手紙を配達するルートの全体図が載っていて
その後のページにはそれぞれの動物達に届ける様子が描かれているから
何度も何度も娘は始めのページに戻っては「ホネホネさんは今ここを通ってるんだよ」なんて指し示しながら読み進めます。
春を迎えてウキウキ気分の動物達のお手紙の様子に娘もニコニコ。
子供ってほんとにお手紙絵本が好きですもんね♪
はるかぜまつりや子供たちの入学式の様子など
春の季節感に満ちていてとても温かなお話です。
背表紙のホネホネさんとホネコさんのデート(やまのぼり)シーンも楽しそうに眺めてますよ。「やっほー」なんて言いながら・・・ね^^;
全体的なモノクロの絵柄の中に桜の花のピンク色の挿し色がとても綺麗です。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
ブルッキーのひつじ
ブルッキーのひつじ

ブルッキーのひつじ / M.B. ゴフスタイン

ブルッキーはかわいいこひつじと仲良し。いつもいっしょ。
ブルッキーはひつじに歌うのを教えたよ。
とってもいい声だったけど 
歌える歌はただ一つ めえめえめえ
そこで本を読むのを教えたけど
何を読んでも めえめえめえ
それでもブルッキーはひつじが大好き。

*****************************************

アマゾンに画像がなかったんですー残念。
私が撮った画像で失礼しまーっす。
娘がひつじ年だからか なぜか“ひつじ”にまつわる絵本はかならず手にとってしまう私。(ひつじ関連の絵本を取り上げるたびに言ってますね^^;)
その中でもこの絵本は一番!になったかも。
ブルッキーとひつじの触れ合いを描いただけのシンプルな内容。
イラストもモノクロで至ってシンプル。
でもすごく優しい雰囲気たっぷりで読むたびにじわじわ~~と温かさが増してゆく!そんな絵本です。
中でも好きなのは“for lambs”と書かれた歌の本を作って
楽しそうにひつじと歌うブルッキーの様子。癒されます~(^O^)
そしてひつじが嬉しそうに開いた本の中身には“baa baa baa baa…”(ひつじの鳴き声)とページ一杯に書かれてある。
ひつじ用の歌だなんて~~(≧~≦)
ひつじ用の本だなんて~~~(*^。^*)
なんてカワイイ発想なんでしょう!!
人間の歌や本を押し付けるんじゃなくて
ちゃんとひつじの目線に合わせてあげているブルッキーの優しさがさり気ないですね。
絵本のサイズも文庫本よりも少し大きいくらい。
持ち歩けるし お休み絵本タイムに横になって読むのにも最適♪
とても気に入りました。絶対買います!!
お?今気付いたんですがこの絵本は1967年に邦訳版発行なんですね。
偶然か?必然か?この年は“ひつじ年”なんですよね。

Plants booksのペンギンブルーさん、みどりの船のフラニーさんにオススメいただきました。
私にとってすごく嬉しい出逢いでした。どうもありがとうございました♪

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

うたのえほんが好きらしい
ちょっと最近更新&お友だち訪問が滞っています。ごめんなさいm(__)m
娘の通っている体操教室の役員に任命され、4月からの準備に奔走しておりました・・・なんとかメドがつきそうでホッとしてます。ああ、良かった。
半ばパニクってましたから、私。(なさけなや・・・)
気分転換にテンプレ替えました。
やっぱり記事部分は白背景じゃないと見にくいかな~と思って。
PCやり始めてからすごく視力が落ちたような気がするわ^^;

さてさて 今日の絵本です↓

こねこちゃんこねこちゃん こねこちゃんこねこちゃん
長野 ヒデ子 (2006/12)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


12ひきのこねこちゃんたちが家の中で遊んでいたら
外は雪!いっぱい積もってきましたよ。
さぁ、外に出て雪遊び♪
“いとまきのうた”の替え歌遊びができる絵本。

*********************************************
12ひきのカラフルなこねこちゃんが雪が積もったのを喜んで
雪合戦したりゆきだるまを作って遊んだり
そしておやつを食べたらお昼ねタイム・・・という様子をリズミカルに描いた絵本です。

こねこちゃん こねこちゃん
いたずらこねこちゃん
こねこちゃんが12ひき

ゆきだるま ゆきだるま 
ならんだ ならんだ ゆきだるま


♪ゆきこんこん ゆきこんこん
こんこん ゆき あそぼ にゃん

♪ねんねんねこねこ ねんねんねこねこ
ねーこの こねこ にゃん


本文の中の“♪”マークが付いたところは“いとまきのうた”に替え歌が出来る部分で全部で8箇所あります。
最後の“にゃん”と猫の鳴き声を入れるところが娘は大好きなようで
とびきり大きな声で歌います。
巻頭に楽譜がついてるのでそれに合わせて歌うといいですね。

最初はほとんど無反応だったのに
娘が地味~~~に好きになっていった絵本です。
リズミカルで長野さんのイラストのこねこちゃんたちがすごく可愛いものの
内容的には今ひとつかなぁと最初は思っていた私も
娘のハマるペースに合わせて徐々に愛着を持ち始めました。
今回図書館が整理期間の為半月ほど閉館していたんですよね。
で普段よりも長めに借りることになったんですがそれが功を奏したようです。
ながーーーい絵本を読むことが多くなった今、こういう絵本を間に入れて読むと親は助かるかも(^^ゞ
2歳くらいからでも楽しめると思います。

も一つ、
今同時にハマっているわらべ歌絵本。
これって“にほんごであそぼ”でも一時期やってましたね。
手のひらをおせんべいに見立てた手遊びに娘は夢中です。
この絵本の中ではせんべだけじゃなく “おにぎり”とか“おいも”とか
いろんなバージョンがあります。
対象は・・・1歳くらいでもOKかな~

せんべせんべやけた せんべせんべやけた
こばやし えみこ、ましま せつこ 他 (2006/10)
こぐま社
この商品の詳細を見る




 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


最近の娘・・・

続きを読む

おべんともっておはなみに
おべんともっておはなみに

待ちに待ってた こどものとも4月号です!やっと買えました。
きつねのきっこちゃんのシリーズは3つ出ていますが
どれもとても面白いんですよね。娘も私も大好き♪

さてお話ですが
きっことイタチのちいとにいがお花見のお弁当を持って
ふくろうのろくすけを誘いに行くと
ろくすけはいのししおかあさんから5ひきのうりぼうたちの子守を頼まれていて、てんてこまいしているところでした。
うりぼうたちもお花見に連れて行くことになって大賑わい。

**************************************************************

きつねのきっこちゃんがおいなり、おにぎり、まきずしを
せっせと作ってるところから始まるので
いきなり美味しそう~~~(≧~≦)なんですよ。
そしてイタチのちいとにいはサンドイッチのお弁当を持って。
今回はうりぼう5兄弟が大旋風を巻き起こします。
暴れまわったり ダダをこねたり・・・結構大変。
でもきっこちゃんは動じません。それどころかあやし方が鮮やかなんです。
なんだかついつい日々のことですぐに娘を叱ってしまう私は
子供の扱い上手なきっこちゃんにさり気なく諭されたような気が・・・(^_^;)
お花見はお目当ての大きな桜の木の下は先客がいたので
(冬眠から目覚めたばかりのくまさんがまどろんでいます)
みんなは“きっこざくら”の木の下へ。
それは小さな桜の木だったけれど沢山の花をつけています。
きっこちゃんが生まれたときにおおばあちゃんが植えたという記念の桜の木。
その木の下でみんなでお弁当を広げて仲良く食べます。
いいなぁーこういう光景。はるか昔の小学校の遠足を思い出してしまいます。

どっとこ どっとこ おはなみだ♪

どっとこ どっとこ おべんとだ♪

どっとこ どっとこ ひもでんしゃ♪


とってもリズミカルにお話はすすみます。
でんしゃごっこでの帰り道には菜の花がいっぱい。
そして帰ってきたら たけのこや山菜のおみやげがいっぱい。
色とりどりの春の色、春の匂い。
そして すぅ~~っと春の風を感じられそうで温かい絵本ですね。
またまた大好きな絵本が増えました。
これからの季節にピッタリですよ。ぜひ読んでくださいね♪

それにしても色んな節目に植樹するのって子供の成長を
また違う形で実感できるし、記念になるし、いいですよね。
私も娘の入園にあたって何か植えてみたいな~
でも植物を枯らすのが得意の(!)私にはそんなチャレンジがなかなかできないのよねぇ(-_-;)

≪きつねのきっこちゃんシリーズ≫
★ほんわかしたいならコレ↓
おなべおなべにえたかな? おなべおなべにえたかな?
小出 保子 (1997/08)
福音館書店

★ちょっぴりドキドキしたいならコレ↓
やまこえのこえかわこえて やまこえのこえかわこえて
こいで やすこ (2001/10)
福音館書店

★ぞぞぞ~~っとこわいお話ならコレ↓
おおさむこさむ おおさむこさむ
こいで やすこ (2005/10)
福音館書店



 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

なんとなく今年から始めたことは・・・

続きを読む

こぎつねコンとこだぬきポン
こぎつねコンとこだぬきポン こぎつねコンとこだぬきポン
松野 正子 (1977/09)
童心社

この商品の詳細を見る

つばき山に住むこぎつねのコン。すぎのき山に住むこだぬきのポン。
二人とも“ともだち”がいませんでした。
それぞれの家族以外には動物は住んでいないのです。
一緒にかくれんぼや木登りしたらたのしいだろうなぁ・・・と二人は友達が欲しくてたまりません。
ポンはのっぽ杉にのぼってあたりを見回してみるのですが
やっぱりだあれもいません。
でもよく耳をすますと かすかにこだまが聞こえます。
それは つばき山のコンの歌声でした。
それを聞いたポンはついつい自分も歌い出し
コンとポンのこだまの合唱は山に響きます。
互いにこだまを頼りにあっちに行きこっちに行き
とうとう来たことのないそれぞれの山のがけっぷちに着きました。
あちらからはこだまの主のだれかさんがじっと見つめています。
二人は自分の名前を叫ぶのだけれど、こだまが邪魔をして上手く伝わりません。
仕方がないのでしばらく いっしょに歌って楽しい時間を過ごします。
でも二人は山のあちらとこちら。かくれんぼしたり木登りしたりして遊ぶことはできません。
そんな時 嵐がやってきて つばき山とすぎのき山の崖に大きな木が倒れて
橋が出来たのです!二人は喜びますが・・・・

***************************************************************

この絵本は以前からずっと 私が欲しくてしょうがなかったんです。やっと我が家にやってきてくれました♪
全体的にとっても和風なイラストなんだけど可愛さ抜群!
ふんわりした二俣さんのタッチがなんとも言えません。
4歳になったばかりの娘も一応「読んで」と持ってくるのだけど
この文章の長さにまだ耐えられないようで中盤でギブアップして
プイッとどこかに行っちゃったりします。
・・・なので 私自身の読んだ感想ということになります。
内容ですが 初めて会ったコンとポンは家に帰ってお父さんとお母さんに
話します。するとお互いの両親は猛反対!
(過去にお互いが化かされて大変な目にあったのです)
いっしょに遊んじゃダメ!というお達しが出るのです。
それでもこっそり遊ぶ二人。
うーん、なんだかロミオとジュリエットみたいじゃないぉ~
そこまでロマンチックじゃないですかね(^_^;)
因みにコンは女の子でポンは男の子なんですよ(*^m^*)
こっそり会っているのもバレてしまい二人の親たちは弱りきって
過去の二の舞になっては・・・と化けかたを教えるんですよね。
コンはつばきの葉っぱを、ポンは杉の葉を使って
木が裸んぼになるくらいに練習し、その成果をお互いに披露するのです。
そして二人が思いついた名案はそれぞれあるものに化けること☆
さてそれはなんでしょう??、、、想像ついちゃいますかね。
あんまりお話するとネタバレになっちゃうのでこのくらいで。
とにかくコンとポンの優しい気持ちによってステキなラストに繋がっていきます。
幼稚園に入る前に“ともだちっていいな”を実感するのに
とってもいい絵本じゃないかしらって意気込んだ私の気持ちはどこへ???
・・・みたいな娘の反応でしたがもう少ししたら好きになってくれるかな。

二俣さんといえば拙ブログで『とりかえっこ』の記事の載せています。
レビューへ

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



こぶたのブルトン はるはおはなみ
いやー温かい日が続いて場所によっては桜が三分咲きくらいで
もうすっかり春♪と思っていたのに
ここ何日か天気はいいけれど春一番並みの強風が続いて
すっかり寒の戻りですね(>_<)娘は風邪引きさんになってしまいました。
大分の桜の開花は(標準木の)3月25日と言われています。
例年よりも早いですね。
さて桜といえば この絵本。↓↓

こぶたのブルトン はるはおはなみ こぶたのブルトン はるはおはなみ
市居 みか、中川 ひろたか 他 (2006/03)
アリス館

この商品の詳細を見る

こぶたのブルトンがいたちのアンドレと家でゲームをしていると
だるまのタカサキさんがやってきて花見に行こうと誘います。
タカサキさんが弁当を持っているというので
3人で高崎山にお花見に出かけます。
高崎山はすごい賑わい。いい場所が取れずにがっかりしつつ
お弁当を広げると・・・あららら!おサルさんが!!

***********************************************************

これはお友だちの鞠香さんに教えていただいた絵本です。
最初はご当地大分の高崎山が出てくる絵本だというのが嬉しくて
購入したのですが読んでみたらもう!サイコーです。
ほんわかおとぼけな、こぶたのブルトン。
ピリ辛コメントで場をひんやりさせる いたちのアンドレ。
そして突拍子のない発言や行動をしちゃってぶっ飛んでる、だるまのタカサキさん。
この3人がそれぞれ強烈なんだけどとっても愛すべきキャラなんですっ!
なんていうんですか、ドラえもんで言うとブルトンはのび太くん、
アンドレはスネ夫、タカサキさんはジャイアン・・・みたいな感じかなぁ。
なんだか最近アニメに例えてばっかですね、私(^_^;)
もちろん読むときも3人になりきって読みます。
子供だけでなく大人さえも惹き込ませるほどイキイキしてるんですよね。
私のお気に入りは いたちのアンドレ。ひんやりさ加減がたまりませーん。
サブキャラもなかなかです。
ビールうりのキリン(キリンがビールを売ってるってとこがミソですよね)とか
お花見しゅっちょうサービスの猫とかね。
娘はキリンのセリフ「ビールいかがっすか~すっかすか~」というセリフにハマっています。
母はお花見しゅっちょうサービスのさくらだちゃん、ももえちゃん・・・なんていう名前の猫たちに( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
昔のアイドルたちじゃないですか(年バレバレ)中川さんのこういう遊び心大好きです。
あとタカサキさんの持ってきた弁当の中身が!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)ナンジャソリャ
ほんと終始バカバカしくてドタバタで笑えます。
でもラストは桜のトンネルの下でなごやか~~に。
図書館にはこのブルトンのシリーズが2種類しかなくて
まだ全部読めていません(/_<) もう買っちゃおうかなァ
四季にあわせて4種類出てます。
必笑のブルトンシリーズをぜひ読んでみてくださいね~(^O^)/

こぶたのブルトン なつはプール こぶたのブルトン なつはプール
市居 みか、中川 ひろたか 他 (2005/06)
アリス館

この商品の詳細を見る


こぶたのブルトン あきはうんどうかい こぶたのブルトン あきはうんどうかい
市居 みか、中川 ひろたか 他 (2006/09)
アリス館

この商品の詳細を見る


こぶたのブルトン ふゆはスキー こぶたのブルトン ふゆはスキー
市居 みか、中川 ひろたか 他 (2004/11)
アリス館

この商品の詳細を見る


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
まりーちゃんとひつじ
まりーちゃんとひつじ まりーちゃんとひつじ
フランソワーズ、与田 準一 他 (1956/12)
岩波書店

この商品の詳細を見る

まりーちゃんとひつじ
まりーちゃんはひつじの“ぱたぽん”とお話します。
ぱたぽんが子供を1ぴき産んだら好きなものがなんでも買えるわね。
ぱたぽんが子供を2ひき産んだら・・・3びき産んだら・・・
4ひき産んだら・・・・まりーちゃんの望みはどんどん膨らんでいきます

まりーちゃんのはる
春になったのでまりーちゃんは ひつじの“ぱたぽん”と
あひるの“までろん”と3人で川へお散歩。
あんまり遠くに行かないでって言ったのに
“までろん”がいなくなっちゃったのでさあ大変!

*********************************************************

とうとうまりーちゃんシリーズ デビューです♪
もしかして ひつじ好きな私なら
いつかこの絵本を記事にするのでは?と思ってた方もいらっしゃったりして・・・ね
2編からなる“幼年童話”とでもいうのでしょうか。
4歳になったことだしちょっと長めのお話でもいけるのかな?
・・・って感じでただ今色々とチャレンジ中。
でもさすがに先日安価で購入した『エルマーのぼうけん』は
全部モノクロだし、字ばっかりのページも多く
娘にはちょっと早かったかなと思いましたが。
それに比べるとこの絵本は絵柄と文章が交互にあります。
必ず見開きにはかわいいカラーのイラストと文章が楽しめる作りになっているので
娘にはちょうどいいバランスではないかなと思いました。
まるでシロフォンでも鳴らしているかのような
カワイイ音の名前を持つひつじの“ぱたぽん”。
可愛さももちろんだけど鈴のついた赤い首輪が
アルプスの少女ハイジに出てくる仔ヤギの“ゆきちゃん”を思い出すなぁ
(なんだかマニアックな発言だったらすいませーん^^;)
フランソワーズの絵ってほんとーーにかわいいですよね。

ぱたぽん、おまえはこどもを●ひき うむかもしれないわ。
そしたらたくさん毛がとれて×××が かえるわね、ぱたぽん。

ええ、こどもが●ひき できるでしょう。
でも わたしたち みどりのはらっぱにすむでしょう。
×××なんていらないわ、まりーちゃん。


お話も↑のようにまりーちゃんとぱたぽんの掛け合いが
繰り返されていて すごくリズミカルで楽しいです。
読んでて“まりーちゃん、そんなに欲を張っちゃあダメよ”ってツッコミたくはなりますけどね^^;
『まりーちゃんのはる』の方も 
泣きながら あひるの“までろん”を探すまりーちゃんにホロリとさせられます。
娘は最初はこの絵本の内容はさておき
まりーちゃんやぱたぽん、までろんのキャラが好きになったらしく
“読む”というよりもお人形感覚でやたらと持ち歩いてました。
でもお話も気になってきたらしくだんだんと自分で読んでは楽しむようになってきました。
他にもまりーちゃんシリーズは沢山出ているようなので
また読んでみようと思います。
まりーちゃんのくりすます まりーちゃんのくりすます
フランソワーズ、与田 準一 他 (1975/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る

まりーちゃんとおまつり まりーちゃんとおまつり
フランソワーズ (2005/01)
徳間書店
この商品の詳細を見る

まりーちゃんとおおあめ / フランソワーズ

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


              

さて 入園グッズがずいぶんと出来上がってきまして・・・・

続きを読む

いつかはきっと・・・・
いつかはきっと
シャーロット・ゾロトフぶん / アーノルド・ローベルえ / やがわ すみこやく
ほるぷ出版 (1978)
通常2-3日以内に発送します。
いつかは ね
いつかは きっと そうなるんだわ・・・・

・・・・とエレンは夢見ています。
例えば 
エレンの長くて美しい髪を学校のみんなが褒めてくれたり

バレエのおけいこにいけば先生がみんなの前でエレンを褒めてくれたり

読む本がなくてつまんないなぁと思ってたところに
本がどっさり届いたり。

色んな幸せを思い描くエレンなのです。

**************************************************************

これは 某中古書店でひとめぼれして買った絵本です。
まずは黄色やオレンジの温かい色味が目に飛び込んできて
ふんわりとしたタッチのイラストに和めます~
女の子の夢がいっぱい詰まったほのぼのとしたお話に
アーノルド・ローベル氏の絵がとっても合ってます。
そして何より私が気に入ったのは
毎ページに描かれている“SOMEDAY”のロゴ!
いつかはきっと・・・・で始まってエレンの色々な夢が語られているのだけど
いつかはきっと・・・という文章の側には
“SOMEDAY”というステキなレタリングが描かれているのです。
内容に合わせて毎ページ違うロゴが楽しめます。
その綺麗なことといったらもう!ため息ものです!
中古で買えたのは嬉しいけれど売ってしまった人がいるなんて
惜しいことをしたのでは??と思います。
アーノルド・ローベル氏といえば
『ふたりはともだち』や『どろんここぶた』で有名な方ですね。
有名と言いながらどちらも未読なんですけどね^^;

お姫様みたいに扱って欲しがる女の子。
ちょっとパパやママみたいに背伸びしてみたい女の子。
夢見がちでおしゃまな女の子のカワイイ世界を覗いてみてくださいね♪

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

続きを読む

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん
うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん
せべ まさゆき、村上 八千世 他 (2000/10)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る


うんちは健康のバロメーター。
色んなうんちがありますよね。
それをそれぞれ うんぴ・うんにょ・うんち・うんご・・・とネーミング。
ナビゲーターの“だいべんはかせ”が子供にもわかりやすく
面白く説明してくれます。
先日紹介した『うんちっち』といい『みんなうんち』といい
どうしてこうもシモの絵本にはハマるのでしょうかねぇ。
もう最近なんて文字を読めるようになったから
“うんち”という文字を見ただけで反応しますからね、見事ですよ^^;
特に娘にはうんちの種類によってネーミングが違うというところを
面白いと思ったようで実際の自分と当てはめて
「今日は“うんにょ”が出た」とか「ばななみたいなの!」とか教えてくれます。
(※お食事中の方がいらしたらリアルですみません^^;)
とにかく“うんちのメカニズム”に興味を持ったということはいいことではありますね。
後半にある“うんちのかんさつ日記”にも興味を示して
「ちーちゃんも“かんさつにっき”する!!」と張り切っております。
この絵本の良いところはうんちは世界中のみんなが当たり前にすることで
全然恥ずかしいことじゃないんだよと分かりやすく諭してくれてるところ。
学校でもうんちに行きたくなったら元気よく
「いってきまーーーす」と言ってうんちに行こうね―――と書いています。
それでもまぁ、、、わたしの時代でも
学校で大きい方をやるなんて下品・・・みたいな言われ方はしてたから
なかなか意識は変わらないかもしれないけれど。
トイレは気持ちよくやりたいモンですよね♪


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

続きを読む

楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。