*All archives* |  *Admin*

2007/04
<<03 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はるになったら
はるになったら はるになったら
シャーロット ゾロトウ、ガース ウィリアムズ 他 (2003/04)
徳間書店

この商品の詳細を見る



はるになったら、おはなを たくさん つんできて、

はなたばを つくってあげる。

・・・・・・・

かぜが ふいたら、 

びんの なかに つかまえてきてあげる。

あつい ひに、

おうちの なかで、すーっと にがすの。

・・・・・・・・


女の子は大好きな弟に このようにやさしく語りかけます。
自分だってまだまだ子ども。
なのに小さな弟をがんばって抱っこしたり、色々とお世話をしたりと
背伸びしてお姉ちゃんぶりたい4,5歳くらいの女の子の
弟への愛情がページいっぱいに溢れています。

ゆめに おばけが でてきたら、
たすけに いくわ。

ひとふきで、やっつけてやる!


という文章の横には女の子がおばけをせいいっぱい威嚇しているかのような
表情がとっても可愛らしいのです。
自分もおばけは怖いけれど 弟のために頑張るお姉ちゃん。

ゾロトウの子どもならではの発想、女の子ならではの可愛らしさに
思わず目はハートマーク。
そしてガース・ウイリアムズのイラストがとてもピッタリ。
全体的にセピア色でちょっとラフなタッチ。
始めはウイリアムズだとは気がつきませんでした。
最初のページ。一人遊びしている弟を見つめている女の子。
最後のページ。弟を重そうに抱き上げている女の子の表情。
いとおしいものを見つめる瞳に他なりません。
そういう印象はやっぱりウイリアムズだよな~~とうっとりします。
余談ですが昔っぽい ちょうちんブルマみたいな水着を来た女の子の絵が
ちょっと艶めかしいのです(*^_^*)

ウチは今のところ 弟とか妹の予定はないんですが
公園でちっちゃな子に接すれば
娘は小さな子の目線に下りて なにやら優しげに話しかけたりしています。
こういうところを見ると(イッチョマエに~~)と思いつつも
小さいながらの母性に目を細めて眺めてしまう私です。

『はるになったら』というタイトルではありますが
オールシーズンOKの絵本です。ぜひどうぞ

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
スポンサーサイト
読み聞かせ1000回目
2006年10月15日からカウントを始めた【読み聞かせ10000回】
2007年4月23日になんとか1000回を迎えました。
半年目で1000回・・・ということでまだまだ十分の一。
1日に4回くらいの読み聞かせが平均。
この調子で行くと達成まで5年くらいかかる?
うーん、9歳くらいまで読み聞かせ、やれてるかなぁ。。。
もう自分で読むほうが楽しいかもね。
そう考えると寂しい~~~(;_;)

読み聞かせ10000回

そもそもこれを始めようと思ったのは子育てに関するイベントで
くもんのブースに行ったのがきっかけ。
そこで読み聞かせ10000回のカウント用紙(写真上)をもらって
続けています。
数をこなせばいいっていうものではないけれど
すごく楽しんでやってこれたのが良かったかな♪
これからも私たち親子の読み聞かせの記録の一つとして
続けて行きたいと思います。

そうそう
記念すべき1000回目の絵本は
ルラルさんのほんだな ルラルさんのほんだな
いとう ひろし (2005/09)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


お友だちの動物達に本を読み聞かせることで
ルラルさんと皆の世界がぐーんと広がって行きます。
本を読むことってこんなに楽しいんだよっていうメッセージがいっぱい。
お姫様になれたり、探険家になれたり、空を飛んだり・・・・
いろんな疑似体験が出来て楽しい想いができる絵本って
本当にすばらしいですよね。
本を読むことで娘にもどんどんイマジネーションを膨らませていって欲しいです。


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
いかりのギョーザ
いかりのギョーザいかりのギョーザ
苅田 澄子 大島 妙子

佼成出版社 2006-12
売り上げランキング : 215481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぶたのブブコさんは森でフライパンを見つけました。
「これでギョーザを焼きましょう」
早速コンロに火をつけるといきなりフライパンが喋りました。
「火はいらん。火はいらん。」
なんとフライパンは“怒りの火”をおこすというではありませんか。
しかも怒りの元はブブコさん。
今日ブウタくんとケンカしてプリプリしていたからだとフライパンは語ります。
“プンプン プリプリ プンプン プリプリ~”
勢いよく怒りの火は燃え 美味しいギョーザが出来ました。
ブブコさんは大喜び。すっかりゴキゲンになってしまいました。
次の日もブブコさんはギョーザが食べたくなったけど
このフライパンは怒っている人にしか扱えないのです。
ブブコさんはブウタくんの家へ。
ブウタくんはまだケンカの怒りを引きずっていましたよ。
“プンプン プリプリ~~”ブウタくんは美味しいギョーザを焼いて二人で食べました。
その次の日からは怒った人たちにフライパンをにぎってもらい
どんどんどんどん いかりのギョーザは出来上がりました。
怒っていたはずなのに ギョーザを頬張るとみんなニッコニコ♪
そうこうしているうちに もう怒っている人がいなくなってしまいました。
皆がギョーザを食べたくてわざとケンカをしようと頑張るのですが
「ギョーザがたべたいね」としか言えずにケンカになりません。
ブブコさんはガッカリ。。。

前回の記事がポタージュスープで今回はギョーザ。
計らずも食べ物絵本続きとなってしまいました
“怒りの火が燃え上がる”とか“烈火のごとく”とかって
怒りを表すのによく火が慣用句で使われるけれど
本当に怒りで火が燃え上がるのだとしたら確かにガスの炎なんて比べ物にならないくらいの火力になりそうですよね。
こんな風に怒りが有効活用されて美味しいギョーザを食べれて
ゴキゲンな気分になれたら最高ですね。
ギョーザが焼けていく様子とかブブコさんがハフハフ言いながら食べてるところはあまりにも美味しそう。
いかりのフライパンが関西弁で語るところがさらに面白い!
娘が好きなフレーズは
“あんた、きょうは いかってないから
いかりの火が でえへん”の“でえへん”っていう言葉。
「わはは、でえへんってなによ~~でえへん♪でえへん♪」となぜか一人で笑い転げています。
人の怒りを鎮めてくれる“いかりのフライパン”
ウチにも来てくれないかな~
えほんのまいにちの新歌さんに紹介していただきました。どうもありがとう

『でんきがまちゃんとおなべちゃん』に出てくる“てつなべじいさん”(右下)が“いかりのフライパン”に顔がソックリ(@_@)
未読の方は読んでみてね♪
でんきがまちゃんとおなべちゃん でんきがまちゃんとおなべちゃん
長野 ヒデ子 (2006/07)
学習研究社

この商品の詳細を見る


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
ウポポ ウポポポ ポタージュスープ
ウポポ ウポポポ ポタージュスープ ウポポ ウポポポ ポタージュスープ
越智 のりこ、みうら しーまる 他 (2006/09)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

もえこが大好きなポタージュスープ。
おかあさんが作ったこのスープの中身はなんだろう??
じっと見てもわかりません。くんくんかいでもわかりません。
すると「ウポポ ウポポポ・・・・」
スープが喋った!!
・・・と同時にスープの中へひゅーーーっチャッポーン。
もえこはスープの中に入ってしまいました。

スープの中身 牛乳、にんじん、じゃがいも、とうもろこし、
まだまだ色々な材料が歌いながらもえこをお出迎え。

にんじん じっくり にこむが かんじん
・・・・
いもじゃ おじゃがじゃ じゃがいもじゃ
・・・・
ひとくちのんだら ん―――――
おいしくって とろけそう~~
ウポポ ウポポポ ポタージュスープ


すごく語呂がよくてリズミカル。
まるで全てが歌のようです。
スープの中で踊って歌う野菜たちもとっても楽しそう。
娘は一度読んだらハマってしまって“ウポポ”が口ぐせになってしまいました。
この“ウポポ ウポポポ・・・”っていうフレーズがイイですねぇ。
強烈に印象に残るんだけど とってもかわいい音。
スープが喋りかけてくるなんて奇想天外だけど
ウポポ ウポポポ作戦でいけば
娘が苦手なメニューも食べられるようになるかなぁ。
そう都合のいいようにはいかないか・・・(~_~;) 
それにしてもこのポタージュスープ。
ふんだんに野菜が使われていて本当に美味しそう。
私も作ってみようかな。


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

きみはしっている
きみはしっている
きみはしっている / 五味 太郎

荒野にコンドルが一匹。ゴキゲンそうに肉をくわえています。

いいかい?! いま このほんをよんでるきみ!
これはぼくのにくだぞ。


そういってコンドルは小さな岩のかげに肉を埋めてから

ぼくはちょっと ねてくるから・・・・
そのあいだ よく みはってて おくれよ。
それじゃあ たのんだよ。おやすみ・・・・。


読者に向けてそういい残し去って行きます。
コンドルが立ち去ると同時に
ニヤリと笑いながらキツネが肉をくわえて逃げて行くのです。
次の日 コンドルが目覚めてみると隠したはずの岩のかげに
掘り起こしたような痕跡が!!コンドルくんは大慌て!
肉を盗まれた!!肉を盗まれた!!
あんなに見張っててと頼んだのに!と半ば読者のせいにして
自分だけで犯人を探すから!!・・・と躍起になりますが 
なかなか犯人が見つかりません。
しまいには 本の始まりから終わりまでずっと見ていた読者が犯人だなんて
言い始める始末。
でもすぐに 「ついカッとしちゃってごめんね」なんて言ってくれて
ちょっとオチャメなコンドルくんです。
さすがにお手上げ状態になったらしく読者に犯人を教えてくれと頼んできます。
きつねのことを聞いたコンドルくん。
激しくキツネを責め立てますが 実はオドロキのどんでん返しが!

なんと!推理小説か何かを読まされたような結末でした。
一回読んだだけでは親の私も“なんのこっちゃ”状態で
2回目に読んでやっとカラクリが判りました。
判ってみるとなーんてことないんだけど すっかり騙されてしまいました。
なーるほど(一回目で判れよ!と自分にツッコミ入れてしまいました^^;)
読者参加型の絵本の楽しさは『ハトにうんてんさせないで』で実証済み。
思ったとおり娘には爆笑の1冊となりました。
1日に何回も“読んで”と持ってくる絵本って最近なかったので
これはハマったな( ̄ー ̄)・・・という感じです。
コンドルくんのセリフ一つ一つに返事をする娘の様子が
楽しいんですよね。

にくを見張っていてくれと言われて
うん、いいよ。わかった」という娘。

肉を持ち去っていくキツネを見ては
ああ、キツネにとられた!」と心配そうにつぶやく娘。

犯人をしってるんだろう?と言われて 「うん

犯人はきみだ!と言われて
ううん、ちがうよ。ちいちゃんじゃないよ」とブンブン首を横に振りながら答える娘。
色々な表情を見せながら すっかりのめりこんでいます。

オチが判っているのか いないのか
最後にぼそっとヒトコト。

ちいちゃん、あわてんぼうじゃないよね・・・


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

tag : 五味太郎

新入園によせて
今日は待ちに待った・・・というか、
とうとうやってきた・・・というべきか、入園式でした。
桜はすっかり葉桜となってしまい、天気も崩れそうな感じでしたが
なんとか曇りにとどまってくれ一安心。
夫と二人で出席してきました。
私としてはグズグズする娘の様子を想像していたのですが
すんなり私の元を離れてさっさと教室に行ってしまって
いささか拍子抜けな感じでした。
「お母さんもいっしょに」と常に私がいないと泣き顔で訴えていたこれまでの娘の様子を思い出しては“成長したな~”としみじみとすることしきり。
さすがに涙までは出ませんでしたが
夫は集団の中の娘を見るのは初めてだったからか
すごく感動したと何度も言ってました。

今まで読み聞かせたようちえん関連の絵本。
これからはもっと身近な感じで捉えることができるでしょうね。
楽しみです(^O^)/

なきむしようちえん
長崎 源之助作 / 西村 繁男絵
童心社 (1983.11)
通常2-3日以内に発送します。
「ちーちゃんは泣かなかったけど 今日は泣いてた男の子がいてね。
せんせいが“しんぱいしないでいいんだよ”って男の子に言ってた」と
帰ってきてから娘が私に話して聞かせてくれたので
「今度また泣いてるお友達がいたら『なきむしようちえん』のみゆきちゃんみたいに今度はちいちゃんがお友だちに話しかけてあげてね」と私が言うと
ニッコリして頷いた娘が印象的でした。
因みに娘の担任の先生は“かずみせんせい”になりました。
らぴ~♪の記事へ 

おおきくなるっていうことは おおきくなるっていうことは
中川 ひろたか、村上 康成 他 (1999/01)
童心社

この商品の詳細を見る
入園式の園長先生の言葉で綴った絵本。
今までほとんど無反応だったんですが式が終わって
読み聞かせたらもう少し実感が出てくるかな?


 わたし ようちえんに いくの / ローレンス アンホールト、キャスリーン アンホールト 他

せんせい  せんせい
大場 牧夫、長 新太 他 (1996/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る
担任となった“かずみせんせい”を娘はどんな風に話してくれるかな。
ちょっと楽しみな今後です。
らぴ~♪の記事へ

ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん  ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん
アン・グットマン、ゲオルグ・ハレンスレーベン 他 (2004/08)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
らぴ~♪の記事へ

ともだちいっぱい  ともだちいっぱい
新沢 としひこ、大島 妙子 他 (2002/02)
ひかりのくに

この商品の詳細を見る


おひさまえんのさくらのき おひさまえんのさくらのき
あまん きみこ、石井 勉 他 (2005/11)
あかね書房

この商品の詳細を見る


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

※レスやお友だち訪問が遅れていてごめんなさい(>_<)
 明日は娘の体操教室。役員の初仕事です。頑張ってきまーす o(^O^)o
なわとび
なわとび
なわとび
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.12
加藤 由著
新風舎 (2004.12)
通常2-3日以内に発送します。

4歳1ヶ月を過ぎた娘は色々とできるようになったことが多くて
日々びっくりさせてくれます。
先日はお友だちと二人でシーソーが出来るようになったり
(今までは親の手を借りなければ乗れませんでした)
ブランコの立ち漕ぎが出来るようになったり
こういう“できる瞬間”ってある日突然なんですよね。
すごくビックリなんですよ、親としては。
その一つには縄跳びがありますね。
家の前で何度も練習に付き合って あまりにも跳べなくて
「もうやらない!!!」とキレてしまったことが何度もあり(^^ゞ
それがある日公園で小学4年生のお姉ちゃんがやってるのを見ていて
突然跳べるようになったんですよ。
やっぱり自分に年齢の近い子がやってるのを見た方がリアル感があるのかな。
連続跳びは出来ず一回跳ぶだけなんですけど とっても得意気な娘です。
そんな娘になわとびの絵本はないかと探したけども
なわとびの関連の絵本ってHOW TOものくらいしか探し当てられなくて寂しい思いをしていたら救いの手が!
フラニーさんのブログ(みどりの船)で面白そうな絵本発見!!!
すぐ読みたい!と思って図書館の蔵書を検索!
・・・・ない Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
書店でも見かけず・・・・またNETで買っちまいました(滝汗)
私が今主に利用してるのは本やタウン
送料がかからず最寄の書店で受け取れるっていうサービスが魅力。
セブンイレブンもそういうサービスがあるそうですね。
田舎な大分ではこの度やっと1号店ができるので(嘘のようなホントの話)
そっちを利用してみようかとも検討中。

前置きが長かったですが内容紹介です
すっごく単純なんですよね。
カンガルーさんが2頭が縄を持って
かえるさんが跳びます。
「よっしゃー!100かい とぶぞ~」
そして ただただ 

いーち、にーい、さーん、しーい・・・・
・・・・(中略)
きゅうじゅうきゅう、ひゃく


・・・と数えて行くだけの絵本なんですけど
飛ぶ仲間が増えて行ったり、途中で思わぬモノがやってきたり
と色んなシーンが織り込まれているんですよ。
しかけ部分もあって すごくイラストを楽しめる絵本です。
全部平仮名で書かれているので数字と一致してるかどうかは
判りませんが楽しそうに音読しながらページをめくっています。
今は30まで数えるのがやっとの娘も新たな単位に遭遇!
この際数えられるようになるかな?
いやいや 妙な期待はしないでおきましょう(*^m^*)
ご紹介くださったフラニーさんどうもありがとう。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
しりとり絵本
娘は3歳後半からしりとりにハマりまくったので(現在進行形ですが)
色んなしりとり絵本を借りて読みました。
中でもお気に入りは↓この2冊です。

しりとりのだいすきなおうさま しりとりのだいすきなおうさま
中村 翔子、はた こうしろう 他 (2001/06)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

しりとりの大好きな王様。
なんでも“しりとり”で並んでいないと気がすみません。
家来たちが特に困っているのは食事。
これもしりとりで順番に出てこないと王様は怒るのですから。
しかも最後のシメに“プリン”で終わらないとダメという超難関。
家来達は今日もビクビクなんです。
「きょうは“サンドイッチ”から始めるぞ!!」
厨房はもうおおわらわ。
サンドイッチ⇒ちくわ⇒わかめ・・・・家来達は頑張ってしりとりで食事を運びます。

“こけし”“うえきばち”“ちきゅうぎ”とか
私が説明しても娘には理解できない言葉が多くて
これはあんまり食いつかないかな~と思ったんだけども杞憂でしたね。
王様のわがままぶりと家来達のアタフタした様子が楽しかったようです。
最後の家来達の思いも寄らぬ反撃にもオオウケしてましたね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
背表紙の王様がプリンをもらっている場面もなんとも言えませんよ。
王様の可愛さにニンマリしてしまいます。


しりとりしましょ!―たべものあいうえお しりとりしましょ!―たべものあいうえお
さいとう しのぶ (2005/11)
リーブル

この商品の詳細を見る

先日『あっちゃん あがつく たべものあいうえお』の記事をUPしましたが
とうとうこちらもGET!図書館にはなくて購入しちゃいました。

しりとりしましょ。はじめは【あ】

あいすくりーむ⇒むぎちゃ⇒やきいも⇒もち・・・・

しりとりしましょ。おつぎは【い】

いちご⇒ごましお⇒おしるこ⇒こしょう


・・・っていう感じで濁音から半濁音まで続きます。
しりとりで並んだ食べ物たちがそれぞれのページで
でんしゃごっこしてたり、いっしょに机を並べて給食を食べてたり
相変わらずのユーモアたっぷりなイラスト満載で
しりとりは楽しく進みます。
娘も「“ぱて”ってなに?」とか「“きゃびあ”ってなに?」とか言いながらも
「また“むぎちゃ”と“やきいも”が出てきたよ、もう
なんて楽しんでいましたよ。
ただでさえ長いと感じていた『あっちゃんあがつく~』よりもさらに
読むのに時間がかかりますねー(@_@;)イヤハヤ…
それが難点ではあるかな。夜の読み聞かせには不向きですかね^^;
でも底抜けに楽しいですよ。このシリーズ大好きです(^O^)/

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


その他こんなしりとり絵本も読みました。

続きを読む

もぐもぐとんねる
もぐもぐとんねる もぐもぐとんねる
しらたに ゆきこ (2005/02)
アリス館

この商品の詳細を見る


とんがりやまにすむ もぐらの“もぐもぐ”
もう一人前になったことだし、お父さんとおじいちゃんが
とんねるほりを教えてくれると言います。
でもいっぱしのもぐらのつもり・・・な もぐもぐ。
「おしえてくれなくってもいいよ。ぼくひとりでだってできるもん」
たったひとりで とんねるほりを始めてしまったからさあ大変。

*****************************************************

もぐもぐの初めてのとんねるほりはものすごい展開になっていきます。
背伸びをして自分だけでトンネルほりをしてしまったばっかりに
もぐもぐの彫る穴が池の底に繋がってしまい 
穴を通してもぐもぐの家は水浸し。
自分の部屋に戻ろうとどんどん穴を掘っていくのだけど
たどり着いたのは全く見当違いな場所。
頑張って穴をほっても家に帰れないもぐもぐは疲れてしまって
「もう家には帰れない」と落ち込むのだけど
あることがきっかけで無事に自力で帰りつくことが出来ます。
それはどうしてなのか?ぜひぜひ読んでみてくださいね。
やっぱり子どもらしいな・・・ってクスっと笑えると思います。
もぐもぐが彫った穴を辿ってもぐもぐを探しに行ったお父さんとおじいちゃんが無事に帰ったもぐもぐと入れ違いになって・・・
というラストのオチも楽しいです。

もぐらは土の中でどのくらいのトンネルを掘るのかな?
素朴な子どもの疑問に茶目っ気を加えた絵本です。
かなり奇想天外ではありますけどね^^;
始めはのんびり~~とした印象を受けたイラストもすごくスピード感と
力強さがあって \(◎o◎)/!ビックリ
特に掘り当てた先が池だったときのデフォルメされたもぐもぐの姿に
娘は大爆笑!悠々と泳いでいたナマズもすごい顔になってるんですよ。
本を縦にしたり逆さまにしたりと色んな構図を楽しめる要素も。
最後のページにはもぐもぐが辿ったルートの全体図が載っていて
この図を辿っては話に花が咲く娘。
この1冊に結構時間がかかりますが盛りだくさんで楽しいですね。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
けんた・うさぎ
けんた・うさぎ けんた・うさぎ
中川 李枝子 (1986/11)
のら書店

この商品の詳細を見る

けんた・うさぎはとってもオチャメでいたずらっ子。
自転車で散歩にでて水たまりで遊んでどろんこになっちゃったり、
あべこべの言葉を喋ってはお父さんやお母さんを煙に巻いたり
「お母さんうるさいなぁ」と言っていろんなところに隠れては“きえた・うさぎ”になっちゃったり。
都合の悪いことには返事もしない“おそみみ・うさぎ”になっちゃうんです。

*********************************************************

娘は4歳を過ぎて絵本だけでなく児童書の世界にも興味を持ち始めたので
色々と読み始めています。
先日購入した『エルマーのぼうけん』も
興味はあるようで「読んで」と持ってくるものの、いざ読み始めると
途中で飽きてしまうという繰り返しで
時期的に早すぎたかな~という感じがあったんです。
でもこの本に出会って(またも古本屋^^;)
この本こそ私と娘が求めていた本ですっ!と叫びたくなりました
全部で100ページあまり、6章あって
毎日1章か2章づつ読んで聞かせていたのですけど
娘はすごく夢中で聞いていました。
ぐりとぐらでお馴染みの山脇百合子さんのイラストだったこともあるかもしれませんし
けんた・うさぎのいたずらっこぶりが娘には面白かったようです。
文章もとてもリズミカルで楽しいし、お母さんやお父さんのけんた・うさぎへの接し方がとても優しくてふんわりとした印象を与えています。
やはり児童書へのとっかかりは等身大で身近な題材であったほうがいいのかもしれないですね。
初めての児童書にぴったり・・・というのら書店さんの謳い文句が
本当にその通り!!と言いたいくらいの娘の食いつきようにはビックリしました。
(別にのら書店さんの回し者ではありませんよ(~_~;))
この“子どもとお母さんのおはなし”シリーズはあと2冊あります。
今後も注目したいと思います。

三つ子のこぶた
中川 李枝子さく / 山脇 百合子え
のら書店 (1986.6)
通常24時間以内に発送します。

こぎつねコンチ
中川 李枝子さく / 山脇 百合子え
のら書店 (1987.4)
通常24時間以内に発送します。


 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

今年の6月にブログ3年目となる今、この『けんた・うさぎ』の記事で
ようやく記事件数200件を迎えました
ここまで長かったですわ~~~(~_~;)
紹介絵本数は多分もうちょっと多いと思いますが
なんせ怠惰な性格なので・・・数えてません・苦笑
でもまぁ、これを節目にこれからもマイペースに
楽しんでブログ管理をしていきたいと思います♪
今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m
楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。