*All archives* |  *Admin*

2008/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まじょのかんづめ
まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)
(1999/04)
佐々木 マキ

商品詳細を見る

女の子と犬は馴染みの森に遊びに行くと
今までには見たことのない小さな家がありました。
不思議に思いながら ふたりは家に入ってみると そこには奇妙な彫刻。
そしてキッチンのテーブルには6つのかんづめが。
それは不思議なかんづめでした。

佐々木マキさんといえばアニメ風のイラストが可愛らしくて子どもは大好きですよね。
私のイチオシは『ぶたのたね』で、オオカミの情けないほどのお間抜けぶりがツボなので
私自身のこの絵本に対してそれほど執着はないんですが
娘はダンゼンこの絵本が大好きみたいです。
確かにタイトルを読んだだけで なんだかそそられますよね。
家に入ったとたんに妙な彫刻とその側にヒラリと落ちている一枚のはがき。
いきなり「なんなの?なんなの??」ミステリーな世界が広がります。
その後はかんづめや魔女との対決が待っていて 楽しいお話です。
かんづめの中身が飛び出す場面。ここが娘にはかなり面白いみたいでニマニマしています。
なるほど 小さなかんづめにこんなデカイものが入っていたら子どもにはウケるでしょうね。
あと魔女の怖さ(?)、呪文の胡散臭さ(?)も面白いみたいです。
何度も読んでと持ってきます。
かんづめの中身、そして彫刻のナゾはぜひ手にとって読んでみてくださいね。
絵本ナビのレビューはコチラです↓
まじょのかんづめ
作・絵:佐々木 マキ 出版社:福音館書店


ちなみに私のオススメは・・・
ぶたのたね
ぶたのたね
作・絵:佐々木 マキ 出版社:絵本館


また ぶたのたね
また ぶたのたね
作・絵:佐々木 マキ 出版社:絵本館


 らぴ~♪のツブヤキ 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

最近の読み聞かせのラインナップは・・・
最近「またコレかいっ」と突っ込み入れたくなるくらい毎日同じ絵本が続いています
ここ3日の読み聞かせは例のごとく『かがくのとも傑作集』デス。。。
・・・ね?以前から拙ブログの記事を読んでくださってるアナタも
「またか・・・」って思いましたよねェ^^;
因みにコレです↓

にじ (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)にじ (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
(1998/05)
いせ ひでこ、さくらい じゅんじ 他

商品詳細を見る
虹の不思議を分かりやすく説明してくれています。
いせひでこさんの綺麗なイラストも魅力です

ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(1978/01)
堀内 誠一

商品詳細を見る
一番関心がないと思われた“せっけっきゅう”“はっけっきゅう”“けっしょうばん”
などの説明ページが今は一番好きみたいです
 ※らぴ~♪の記事へどうぞ※ 

みんなうんちみんなうんち
(1977/07)
五味 太郎

商品詳細を見る
これは2歳くらいから大好きな絵本。いろんな動物のいろんなうんち。
“いきものはたべるから みんなうんちをするんだね”このページが大好きな娘です。

しっぽのはたらきしっぽのはたらき
(1969/04)
川田 健、薮内 正幸 他

商品詳細を見る
薮内さんのリアルなかがくえほん これも捨てがたいですね
自分には持ち合わせない“しっぽ”というもの。動物たちのいろんなしっぽが大好きみたいです。
 ※らぴ~♪の記事へどうぞ※ 


ちょっとは季節感を持たせてくれ~~ってことでこれも1冊読みました
こぶたのブルトン はるはおはなみこぶたのブルトン はるはおはなみ
(2006/03)
市居 みか、中川 ひろたか 他

商品詳細を見る

大分県の高崎山が舞台のこの絵本。
実際にサクラの時期の高崎山には行ったことがないんだけどそろそろお花見の時期♪
お猿たちを見に行ってみようかなと思います。 ※らぴ~♪の記事へどうぞ※ 


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

まゆとりゅう
まゆとりゅう―やまんばのむすめまゆのおはなし (こどものとも絵本)まゆとりゅう (こどものとも絵本)
(2008/02)
富安 陽子

商品詳細を見る

やまんばとその娘・まゆは北のやまのてっぺんに住んでいます。
となりやまの山肌に竜の体をかたどったかのように雪が解けて黒い地面が顔を覗かせていました。
毎年かならずやって来るお客様を迎えなければ・・・と
やまんばかあさんとまゆは急いで準備を始めます。
お客様とは竜の親子。竜がやってくると山は春を迎えるのです。

まゆのお話は私も娘も大好き!新刊が出るのを今か今かと待っていました。
春を告げるお客様・竜を迎える準備に余念がない、まゆ親子。
まゆが慌てて顔を洗いちょっぴりおめかしをする場面が娘は一番好きみたいです。
私も幼稚園に行く前の準備で髪型を異常に気にする娘とまゆがダブって見えて可笑しかったです
まゆたちが向かった“きたのいわや”にあるジャムやらお酒やら、保存食がとっても美味しそう。
二人の身体の3倍くらいはありそうな大きな樽を転がして山を登っていくダイナミックさも相変わらず。そして竜にまたがって勇壮に空を飛ぶまゆとやまんばかあさんの様子を羨ましそうにみる娘。
空を飛んでみたいっていう願望は大人でもあるけれど 子どもにとっては大きいのでしょうね。
まゆのやることなすこと、目が離せないみたいです。
私の方も一人前のお姉ちゃんを気取って竜の子のお世話をせっせとやっている まゆの様子が可愛くて可愛くて^^ 竜の子とまゆのお別れのシーンも母性本能をくすぐります~~
“とぐろ”に包まれることがこんなに優しく感じることもあるんだな~と思いました。
徐々に春を迎える山の様子にワクワクしながら読める絵本です。

まゆのお話は他にもこんなのがありますよ↓

まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし (こどものとも傑作集)まゆとおに (こどものとも傑作集)
(2004/03)
降矢 なな、富安 陽子 他

商品詳細を見る
 ※らぴ~♪の記事へどうぞ 

まゆとブカブカブー
作:富安 陽子 絵:降矢 なな 出版社:福音館書店
これはまだ単行本化されてません。
『まゆとりゅう』よりも前にこどものともで発表されたお話なのにもう読めることはないのかしら・・・

まゆとうりんこ
まゆとうりんこ
作:富安 陽子 絵:降矢 なな 出版社:福音館書店
 ※らぴ~♪の記事へどうぞ 

 らぴ~♪のツブヤキ 

続きを読む

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

にげだしたひげ
リサイクル図書
     ↑にげだしたひげ
アマゾンに画像がなかったのでこんなの↑で失礼します(~_~;)
因みにこのラインナップは去年の5月に市民図書館のリサイクル図書としてもらったものです。
左下のこの絵本 当初は娘の反応が薄かったのですが
最近ハマっているようでほぼ毎晩読んでいます。
この絵本は現在絶版になっているようですけど。
地域の図書館とかだったら所蔵があるかもしれませんね。

スリランカを舞台にした奇想天外なお話。
おじいさんの長くのびたヒゲはいつもネズミにかじってもらっています。
ある日、かじられるのを恐れたヒゲがぐーーーんと伸びて逃げ出してしまいます。
ヒゲは村人をどんどん巻き込みながら逃げて行きます。
実際問題、意志を持つはずのないヒゲが伸びて襲ってきたら 怖いはずなんだけど
とっても優しいんですよ、ヒゲが
だからかな、村人たちがヒゲに巻きつかれながらもニコニコしているのが何だか和めます。
最後におじいさんとネズミが踊っている様子も可笑しいです。
ラストのページは娘と節をつけて読んで楽しい終わり方ができる絵本です。

シビル・ウェッタシンハ氏は独特のタッチですがとても優しくて好きです。
アジアの人々をよく描かれるから親近感が湧くのでしょうか
『かさどろぼう』もすごく好きです♪表紙なんて何とも言えず綺麗ですよね
かさどろぼうかさどろぼう
(2007/05)
シビル・ウェッタシンハ

商品詳細を見る

絵本NAVIのレビューはこちらから どーぞー

 らぴ~♪のツブヤキ 

続きを読む

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ちびくろ・さんぼ3 発売決定~~(^o^)丿
楽天のメルマガで知って わーーーー(゚o゚)ノと思わず声をあげてしまった情報。
あの名作『ちびくろ・さんぼ』の3巻目が出るんです!!!
来月発売だそうです~~♪

第3弾ではハチミツ採りにでかけた「さんぼ」が、
途中でおばあさんや、不思議な本屋のおじいさんにであったり…
ジャングルでまたまたトラにかこまれたり!
はたして「さんぼ」は無事にハチミツを採って帰れるのでしょうか。
新しい「さんぼ」の冒険物語がついに始まります

<<楽天BOOKS紹介文より>>
内容が少し見れますよ⇒楽天BOOKS『ちびくろ・さんぼ3』予約ページへ
今度は緑色の装丁なんですね。楽しみですね~

ちびくろ・さんぼ3ちびくろ・さんぼ 3
(2008/04/10)
こじま よしみ

商品詳細を見る


★既刊本はコチラです
ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ
(2005/04/15)
ヘレン・バンナーマン

ちびくろ・さんぼ2ちびくろ・さんぼ2
(2005/09/10)
ヘレン・バンナーマン

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

シモンのおとしもの
シモンのおとしものシモンのおとしもの
(2007/03)
バーバラ・マクリントック

商品詳細を見る

この絵本はシモンくんという男の子が落としてしまったものを
あらゆる場面で探すという いわゆる【探し絵本】です。
うっかりもののシモンくん。なんでもかんでも落としてなくす常習犯。
お姉ちゃんが迎えにきて「今日はおとしものしないでよ!」と釘をさすものの
やっぱりやっちゃいます。
家に帰る途中色んなところで道草をくっては持っているものや身につけているものを
どんどん落としてしまいます。
公園に博物館、美術館、カフェなど場所は様々。
周囲にいる見知らぬ人がシモンくんの失くしたものを親切にも探してくれているにもかかわらず
シモンくんは特に探そうともせずに「お腹が空いたから帰ろう」なーんて言って
その場をあっさりと立ち去ってしまうあっけらかんさ。
めちゃくちゃマイペースです。まさに突っ込みどころ満載ではないですか!?
落としてばっかりのシモンくんがのほーんとしているのに対して
そんなシモンくんに付き合うお姉ちゃんがすごくカリカリしている様子が
対照的で可笑しいです。
【落し物をするシモンくん】はこの界隈では有名人なの?!
ラストにシモンくん宅を訪れる人の行列にはビックリ

結構綺麗で細かなイラストの中に隠れているシモンくんの落し物。
娘は懸命に探します。半分くらいは自分で探せたかな~
でも2回、3回と読むうちにすぐに探し出せるのであんまり回数は読みたがらなかったです。
それでも一風変わった探し絵本私は楽しませてもらいました(^o^)丿

 ランキングに参加しています。
うーん、最近はFC2ランキング上には存在していないことになってるみたい(;_;)かなしいわぁ。。。
良かったら らぴ~♪を応援してくださいね!ポチっとよろしく~(^o^)丿
FC2ブログランキングにほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 らぴ~♪のツブヤキ  

続きを読む

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ちのはなし
ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(1978/01)
堀内 誠一

商品詳細を見る

いたい!ころんで ひざを すりむいた。
きずから がでた。
ながれたに さわってみたらねばねばしている。
すこし ほうっておいたら は とまって かわいてしまった。


娘とかがくえほんにハマって大分なりますが
この絵本もいいなあ楽しいなあ
これまで 転んで血が出てしまったら
小さな痛みでもギャー!と泣いてそれでお終いだった娘。
近頃はこの絵本の男の子のように わづかな痛みは我慢できるようになったのか
娘は“血”のメカニズムがとても不思議に思えてきたようです。
怪我をしたとき傷口をじっと見つめていることがありました。
血ってどうして出るの?血はなんのためにあるの?
その答えがしっかり噛み砕いてわかりやすく描かれています。
“せっけっきゅう”“はっけっきゅう”“けっしょうばん”“どうみゃく”“じょうみゃく”など
子どもには難しい言葉がたくさん出てくるけれど
なんの!なんの!それ以上に面白いページがたくさんです(^o^)丿
トイレットペーパーの芯や懐中電灯を使って血の不思議を探るページに興味津々の娘。
私も娘と早速やって見てビックリ
トイレットペーパーの芯で心臓の鼓動がこんなにハッキリと聞こえるなんて
そして小さな懐中電灯を口にくわえてやってみましたよ~体張ってます?!
へェ~へェ~そうなんだなーるほど~これはこういうワケだったんだ!!
親でも知らなかったことがいっぱいですごく参考になります~
一番最後のページに小鳥やネコ、人間の胸にハートマークが描かれているのですが
それを見ながら娘がどこから覚えてきたフレーズなのか
みーんな、大切ないのちなんだよ
と付け加えたことにちょっとウルウルしてきました。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓
色々な絵本紹介ブログさんが集っています。ぜひぜひご覧ください♪
FC2ブログランキングにほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ハンダのびっくりプレゼント
ハンダのびっくりプレゼントハンダのびっくりプレゼント
(2006/04)
アイリーン ブラウン

商品詳細を見る

ハンダはともだちのアケヨにあげようと
美味しそうな果物を7つカゴにいれました。
大きなカゴを頭にのせたハンダはアケヨの家へと向かいます。
その道すがらサバンナに住む動物たちからヒョイヒョイと果物を取られてしまいます。
アケヨへのプレゼントはどうなってしまうのかな。

これはケニアに住むルオ族の子ども達をモデルにしたお話だそうです。
大きなカゴを難なく頭に乗せて運ぶ器用なハンダ。
アフリカの子ども達の綺麗に編んだ髪型も可愛いし
ダチョウやキリンなどがごく身近に暮らしているという豊かな自然。
娘には目新しい風景が広がります。ワクワクするものがたくさんあったようです。
でもまぁ、こんな動物たちがいる環境の中に暮らすって
実際問題厳しい面も多いかもしれないですが^^;

お話は単純な内容ではあるけれど最後のオチがとてもステキ♪
どんどん持ってかれるハンダのカゴのくだもの。
どうなっちゃうんだろう??と思っていると
ある動物の登場でハンダには思わぬサプライズが。
「わはは~すっごーい」娘もこのシーンでオオウケです
結果アケヨにも喜んでもらえて、贈ったハンダの方もびっくり仰天
そして二人で笑いあう姿はとっても爽やかでかわいいなと思います。
ハンダを始め子ども達の表情がとてもイキイキしています。
動物たちも写実的だけどどこか愛嬌があってオチャメ。
そしてこの絵本では とてもゆったり、のどかに流れる時間を感じることが出来るのです。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓
色々な絵本紹介ブログさんが集っています。ぜひぜひご覧ください♪
FC2ブログランキングにほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 らぴ~♪のツブヤキ  

続きを読む

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。