*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まゆとおに
まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし
降矢 なな、富安 陽子 他 (2004/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る


ある北の山のてっぺんには のっぽのやまんばと
その娘・まゆが住んでいました。
ある日まゆはとんでもなく大きな“ひと”と出逢います。
それが“おに”とは気づかないまゆは
鬼の誘いに乗って鬼の家について行ってしまいます。
鬼はとてもお腹がすいていて まゆを食べようと目論んでいたのです。
鬼に言われるままに手伝いをする まゆ。
焚き木がいるからと言われ
バキバキバキっ!!!!と松の木を一本、根こそぎ抜いてしまう まゆ。
火を囲む石ころをもってこいと言われると
まゆは鬼の家の石壁を力いっぱい蹴っ飛ばし
石ころを作り上げて軽々と日の囲いにしてしまった。
まゆの怪力に驚く鬼。
それでもお風呂を沸かすからとまゆを言いくるめて
大なべにぐらぐら湯を沸かし 徐々にまゆを食べる準備が整うと
鬼はついつい頬を緩めてニンマリ。

“さあ、もう いいぞ、じょうちゃん。
あつい おふろに おはいり”

そう鬼が言ったとき・・・・・

さてさて何が起こるのでしょうか?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


純真無垢なまゆのあっけらかんとした表情や
可愛らしくて小さな体つきをしているのにやたらと怪力なところは
『ドクタースランプ』のアラレちゃんを連想してしまうんだけど・・・
あ、年齢バレますかね(~_~;)
とにかくとってもカワイイまゆ。
どうして降矢ななさんの描く子供たちはこんなに
表情豊かで可愛らしいんでしょう。
見ていて頬ずりしたくなるほどいとおしくなるんですよね。

“しんせつなひとには  いつも れいぎただしくしなさい”

これは常にやまんばが まゆに言い聞かせているらしい言葉。
果たして この言葉がキーワードになってまゆは事なきを得るわけなんです。
何の悪意があったワケでもなく 
まゆは鬼のために良かれと思ってしたことだったんだけど
結果的には鬼を懲らしめた形になったってことが可笑しくて笑えます。
まゆの母親・やまんばは最初と最後に出てくるだけなのに
どこか存在感タップリな気がします。
まゆの言動からやまんばの性格が垣間見えるというか
すごくカッコイイお母さんって感じ。
ゴマやきのこ、山菜を混ぜ込んだ色んなおにぎりを作って
迎えてくれるお母さん。これがまたとても美味しそう。

まゆのお話は娘も気に入ってしまって
今日行った読み聞かせの講座でも
「好きな絵本はなあに?」と先生に聞かれて
「まゆとおに!」と答えていたくらい。
毎晩の読み聞かせでも「ここは自分が読むの!」
と言って譲らないセリフがあったりしてます。

このシリーズはあと2作くらい出ているみたいなんだけども
まだ単行本化されてないみたいで読めないのが残念。
今度1月に新刊が出るようなので楽しみにしているところです。


ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



↑でちょっと述べましたが
今日は初めて 親子で楽しめる絵本の読み聞かせ講座に参加しました。
あと2回、ほぼ月一ペースで開催されるんですが
幼児~小学3年生くらいの子供を持つ親子と
読み聞かせサークルに所属している方々が机を並べて
リスナーとなっているというちょっと変わった感じでした。
今日は講師の方が絵本を通した子供との接し方や
ちょっとした読み聞かせのコツを織り交ぜながら
4冊くらい読んで下さり、
初回なので出席者の自己紹介で一時間が終わり。
講師の方の声はさすが読み聞かせのプロ!みたいな感じで
すごくハリがあって聴いてるほうも心地よくなるんですよね。
親が読み聞かせるのは重要だけども親以外の人が読む雰囲気とかイントネーションとかに触れるのもまた刺激があって良いものだなーと思いましたね。
読み聞かせを聴いている娘の表情を何度も盗み見した私。
表情は一切なく 物語に入り込んでいる・・・って感じでした。
読み手にとってはビミョウな聞き手かもしれません^^;
お友だちの子は講師の方の言葉を一つ一つ復唱したり
合いの手を入れたりすごく賑やか。
色んな子がいますね。これも個性。
そういう一対一ではない雰囲気を味わうのも大事ですね。
次回も楽しみです。

今日読んでいただいた絵本です

【1】
おつきさまこんばんは おつきさまこんばんは
林 明子 (1986/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る


【2】じょうずじょうず / まつい のりこ

【3】
コッケモーモー! コッケモーモー!
アリソン バートレット、ジュリエット ダラス=コンテ 他 (2001/11)
徳間書店

この商品の詳細を見る




【4】
じぶんでじぶんで じぶんでじぶんで
とくなが まり、みやざわ はるこ 他 (1998/05)
アリス館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

tag : ふりやなな

Secret
(非公開コメント受付中)

さやぽん☆さん、おはよう

さやぽん☆さんもこの絵本大好きなのね
すごくかわいいよね♪
雑誌はなかなか手に入らないもんねぇ(-_-;)
早くシリーズ読みたい!

まさにうちの子はのめり込んで絵本の世界に一人で
入っていくタイプかもしれないわ^^;
ほんと!子供それぞれの反応があまりにいろいろあって
見ていて面白いよね
こんばんは♪
まゆとおに、面白いよね☆
私、まゆちゃん大好き~。
本当他のシリーズの本になるといいのに♪♪

読み聞かせ講座にいかれたのですね♪
子供によって反応はそれぞれなんでしょうね。
でもそれも本当個性ですよ。
好きな台詞があるんだもん♪
本当ほんのせかいにのめりこんでいくんでしょうね。
楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。