*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいじょうぶ だいじょうぶ
だいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ
いとう ひろし (1995/10)
講談社

この商品の詳細を見る


この絵本は押しも押されもせぬ名作絵本ですよね。
絵本に付けられた帯紙にも“一生に一度は読みたい”とあります。
まさにその通り!
子育て中の読み聞かせにも 子育てを終えて自分の時間がたっぷりな人も
子供がいない人も自分のために読んで欲しい1冊ですね。
ご存知の方も多いから紹介するのも
何を今更・・・って感じがあるかもしれません。
でもずっとずっと欲しくてやっと手元にやってきた記念に記事を残します。

小さい頃から“ぼく”とおじいちゃんはよくさんぽをして過ごしました。
なんていうことはない散歩なんだけど 
遠くの海や山を冒険するような楽しさがありました。
アリの行列をながめたり、通りすがりの犬に
まるで旧友みたいに話しかけるおじいちゃんと一緒にいると
“ぼく”の周りは魔法にかかったみたいにステキに広がってゆくのでした。
新しい発見や出会いが増えれば増えるほど
困ったこと、怖いことに出合うことが多くなりました。

となりのけんちゃんは“ぼく”をぶったりするし 
犬に吠えられたり、危険な車に出合ったりします。
飛行機が空から落ちることも知ったし、
あちらこちらに、おそろしいバイキンがいっぱいなことも知りました。
色んなことに不安に思えてきて大きくなるのが怖いと思いました。
でもそんな時おじいちゃんが必ず笑顔で“ぼく”の手を握り

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

と言ってくれるのです。

おじいちゃんの言葉に救われ、支えられて “ぼく”は大きくなりました。
おじいちゃんは すっかり年老いてしまいました。
今度は“ぼく”の番だね。

「おじいちゃん、だいじょうぶ だいじょうぶ」


これを読んでから 泣きそうになりました。
私は祖父母と高校を卒業するまで同居していました。
もう今では、その祖父母は他界したけれど
可愛がってくれた祖父母をこの“ぼく”のような想いで見送ることが出来たかな~とちょっと不安になったりしました。
娘はこの秋、実家に行ったときに 
しばし おじいちゃんと二人の散歩を楽しんできました。
田舎道を歩きながら 見たことのない虫や花をゆっくりと眺めたり
道沿いの林の中の栗の木からトゲトゲのままの栗を
おじいちゃんが娘の方に放り投げたりして遊んで
栗を袋いっぱいにして帰ってきました。
戻ってきた娘は思いの外楽しかったようで
目を輝かせて私に色々と語ってくれました。
実家は農家なのでトラクターやら鍬やら珍しいものがたくさんあるので
実家に行くたびにじいちゃんばあちゃんの後ろをついて回っています。
きっと、じいちゃんばあちゃんは何か面白いことを始めるに違いないと思うんでしょうね。
おじいちゃんおばあちゃんとの交流は
子供にとって本当にかけがえがないものですよね。
老いを身近な人で感じることでいたわる気持ちとかが生まれてくるでしょうし
上手くいえないんですがおじいちゃんおばあちゃんには
子育て真っ只中の親にはない余裕みたいなものがあって
孫をゆったりと受け止めてくれる度量があるように思うんですよね。
これから娘も自分の世界がどんどん広がってゆくのだろうけど
おじいちゃんおばあちゃんを大事にしてくれるといいな~と思います。

なんだかおじいちゃんおばあちゃんのことばかり書いちゃったけど^^;
この絵本を読んでいると
“そっか~そんなに焦らなくてもいいんだ”って安心できます。

ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ







スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : いとうひろし

Secret
(非公開コメント受付中)

まつりかさん、こんばんは

また来てくれてうれしいです、ありがとう。
娘ちゃんはうちの子よりもちょい下なのに
ちゃんとこのお話聞いてるんですね、エライわー
うちはこのお話には無反応でした。
もう少ししたらまた読んであげたいと思います。
まつりかさんもご実家が遠いんですね。。。

>らぴ~♪さんがおじいさんおばあさんと暮らしていたということ、なくなられたお二方にとっても孫との暮らしって貴重なものだったに違いありません。

ありがとう(;_;)そう言ってくれて嬉しいです。

そうそう!この絵本は大型もあるんですよね
うちにあるのは小さいほうだからちょっと残念。
ほんとに優しくてステキなタッチですよね。
わたしもこの本大好きです。3才の娘でも喜んで聞いていますよ。近しい人の病気や死というものにまだ出会っていない娘だけど、いつかは訪れる場面。
それまでにたくさんの思い出を作ってあげたいと思いながらも、実家が遠くてなかなか交流をもてない状況です。
らぴ~♪さんがおじいさんおばあさんと暮らしていたということ、なくなられたお二方にとっても孫との暮らしって貴重なものだったに違いありません。
この本、大型本がでてますね。
読み聞かせにもよく使われるようになったからかもしれません。
内容もいいけど、絵のタッチもいいですよね。わたしもいつか記事にしたいと思っています。
ペンギンブルーさん、おはよう

そうですね、この絵本はおじいちゃんとのお散歩を通して
優しい心をはぐくんでいく男の子にジーンとします。
ぜひぜひ読んでみてください!オススメですよ。
ペンギンブルーさんは両方の実家が遠いのね。
そうかぁ・・・・うちは義父母のところも私の実家も割合近いところにあります。
ホンネをいえば近くにいるのもいいことばかりではないけれど
日々顔を見れる安心感っていうのはありますね。
ああ、今日も元気だ、良かったってね★
今は娘はじいちゃんばあちゃん大好きだけども
もう少し経ったらじいちゃんばあちゃんへの執着がなくなるだろうなぁ・・・って
じいちゃんたちが今からそれを心配して悲しんでます。
さやぽん☆さん、おはよう

そうそう!いい絵本なんだけど子供に読んであげるには
まだ早いだろうな・・・っていう絵本はたんまりあるよね。
ウチもまだまだこの絵本には反応薄いのよ。
いつごろ反応示すかな~小学生くらいかもしれない(^_^;)

サンタさんからきたてがみ
購入おめでとう♪この時期には最適だからジャンジャン読んであげてね。
ふくざわさんの絵本も欲しいな~と思いつつ
まだ買えてない私。
買いたいリストに日々書名が増えていく。。。
どうしよう・・・と嬉しい悲鳴かな。

ふしぎサーカスはさやぽん☆さんちにあるのねーいいなー
私もまだ全作品読んだわけではないけど
買うなら『ふしぎサーカス』かな~って思ってるよ。
ナビの感想も読んだよ。さすがさやぽん☆さんって思っちゃった。
fooちゃん、おはよう

読み聞かせ!小学生だったら十分わかるよね
あ、幼稚園でも大丈夫かなぁ
fooちゃんは今二世帯住宅で暮らしてるの?
それはお子チャマにもいい環境だね。
さらにfooちゃん自身は4世代同居していたとな?!
それはすごい!
私も3歳くらいまではひいじいちゃんと一緒に暮らしていたけど
記憶には全くなくてね(^_^;)

おおお!LINKしてくれたの!?
ありがとう。
早速確認に行かせてもらうね。
fooちゃんのブログ更新も楽しみにしてるからね。
西の魔女さん、おはよう

こっちにもカキコありがとう(^O^)/

>子供に掛けた言葉って 返って来るんだなぁ…って感じますよね。
それにしても いいことを仰る!!
親が子供を罵倒すれば そういう子に育つし
親が優しい言葉をかければ 自ずとそういう言葉を言う子になるんだろうね。
私も心にとめておこう!!ありがとう。

>サンタさんからきたてがみ
読んでみましたか?
今の時期にうってつけですもんね。
書店では平積みしてますよね
私もよくみかけて嬉しくなります♪
やっぱり絵本の売り場に行くとウキウキしますよね
m-sheepさん、おはよう

“だいじょうぶだいじょうぶ”と言って抱きしめてあげるだけでも
ずいぶん違いますよね。
ほんと!魔法の言葉ですよね♪
さらに おじいちゃんおばあちゃんから発せられる言葉の重みみたいなものも感じますね。
いい絵本に出逢えてよかった~娘はまだまだ無反応ですが(^_^;)
わかなさん、おはよう

じーーんとしてくれてありがとう。
心に沁み込むだなんてうれしい言葉!
そうだねー子どものいるいないにかかわらず
色んな人へのメッセージが込められてるよね。
ほんとにステキ!ビバ!いとうひろしさん!
大判の絵本の方を買えばよかったかも・・・

TBもありがとうね。
らぴ~♪さん、こんばんわ。
私はこの絵本知りませんでした。素敵な絵本、教えてくれてどうもありがとう!!
私は、生まれる前に祖父は両方亡くなっていたので、おじいちゃんって存在に憧れがあります。いいですね。
この絵本に流れている緩やかな時間、そのものな感じがします。
らぴ~♪さんちの娘さんと、おじいちゃんおばあちゃんとのふれあいも羨ましいです。
ウチは、両方の実家が遠く、年に2回しか会わないし、ウチの子が人見知りしちゃうので....。
でも、いつか、らぴ~♪さんちの娘さんのように、私やダンナ抜きで、おじいちゃん達とだけのふれあいをして欲しいなぁって願っています。
子供って両親からだけでなく、祖父母から学ぶことって、たくさんありますものね☆
こんばんは♪
この絵本、読みたいなあと思いつつ、もう少し後でその良さがわかる絵本かなあと思って、ついつい後回しになってしまっている1冊。
でもやっぱ読みたくなっちゃいました^^;

『サンタさんからきたてがみ』、私も昨日つい購入しちゃいました。
手紙関係の絵本って子供うけいいですよね☆
私もふくざわさんの作品大好きだから、らぴ~♪さんのコメント読んで、何か嬉しくなっちゃいました。

まさかさかさまも面白いよね。
わがやには「まさかさかさま ふしぎサーカス」があるけど、やっぱ大うけよ。
と思ったら、らぴ~♪さん、絵本ナビにそちらも感想投稿していたね^^;

波平さんも特徴掴んでいてとっても上手!
らぴ~♪こんばんは。
「だいじょうぶ だいじょうぶ」いいお話ですよね。
随分前にお友達が貸してくれて読みました。
読み聞かせにもいいかな?とふとおもったりしてます。
うちは2世帯住宅なので、少しは孫とじいちゃん、ばあちゃんとの関係っていうのがあるんだけど、とても子ども達にとってはいいことだとおもってます。
私の実家は4世代同居(私の曾祖母がいたのですよ)だったから、私にとっておじいちゃん達が傍にいることはごく普通。
子ども達も自然に老いというものを感じてくれてるといいなぁと思いますが、どうでしょ?
ところで、「ハハのつぶやき」にリンク貼らせていただきました~。
今後ともどうぞおよろしく♪
私もこの本大好きです☆
子供に掛けた言葉って 返って来るんだなぁ…って感じますよね。
愛のある言葉をたくさん掛けてあげたいです…末は私も愛をもらえる…はず(笑)

「サンタさんからきたてがみ」…だったかな。(間違っていたらごめんなさい)
昨日本屋さんで 読んできました。
クリスマスの棚に平置きされていました。
あったか~いお話に じ~んと佇んできました。
素敵な本を教えていただいてありがとうございました☆
こんにちは。
うんうん。そうなのよね。
と一人うなづきながら読みました。
「だいじょうぶ」って、魔法の言葉だと思う。
それを、おじいちゃんやおばあちゃんが口にすると、また不思議と安心感が増すんですよね。

じーーーん・・・。
心に沁みこむ記事でした。
子どもがいる人、いない人、祖父母の立場の人、孫の立場の人、いろんな人たちが、それぞれの見方でこの絵本を読んで、
沁み込んで欲しいですよね。

私の愛するいとうひろしさん作品の、これまた愛してやまない作品のひとつ。
ご紹介、ありがとう☆
TB送らせてね。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

だいじょうぶ だいじょうぶ作・絵:いとうひろし / 講談社 / 1995年《だいじょうぶだいじょうぶ の内容紹介》今月18日は、敬老の日。なので、今日から18日までの9日間に[ おじいちゃん・おばあちゃん 特集 ]をします。おじいちゃんとおばあ...
楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。