*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はるかぜのホネホネさん
はるかぜのホネホネさん はるかぜのホネホネさん
にしむら あつこ (2007/02/07)
福音館書店

この商品の詳細を見る

ホネホネさんはゆうびんやさん。
ギコギコキー ギコギコキー・・・
木の上に住むトリオくん、土の中アパートのニョロコさん、
池に住むナマズさんなど
春風に乗って今日も自転車でお手紙を届けます。

*******************************************

ホネホネさんシリーズって人気ですよね。
でも私的にイラストが(ーー;)ムムム・・・って感じで(ファンの方すみません^^;)長らく気になりつつも未読でした。
季節柄ちょうどいいし借りてみようと手にして見ました。
すると娘がグイグイはまりました~~いやービックリ\(◎o◎)/!
親が今ひとつかもという印象をもつ絵本こそ
反って子供にはツボっていうことが多いかもしれないですね。
絵本は偏見で選ぶな!ということを実感しましたね。
不思議なもので子供が愛着を持った絵本は親も読み込んでいくうちに
気に入るようになるんですよね。
気がついたら私もいっしょに楽しんでいました(^_^;)
最初のページにホネホネさんが手紙を配達するルートの全体図が載っていて
その後のページにはそれぞれの動物達に届ける様子が描かれているから
何度も何度も娘は始めのページに戻っては「ホネホネさんは今ここを通ってるんだよ」なんて指し示しながら読み進めます。
春を迎えてウキウキ気分の動物達のお手紙の様子に娘もニコニコ。
子供ってほんとにお手紙絵本が好きですもんね♪
はるかぜまつりや子供たちの入学式の様子など
春の季節感に満ちていてとても温かなお話です。
背表紙のホネホネさんとホネコさんのデート(やまのぼり)シーンも楽しそうに眺めてますよ。「やっほー」なんて言いながら・・・ね^^;
全体的なモノクロの絵柄の中に桜の花のピンク色の挿し色がとても綺麗です。

 ランキングに参加しています。
らぴ~♪への応援ポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ロニママさん、こんばんは

そっかーゆうきちゃんも最近ホネホネさんデビューしたんだ♪
奇遇だねぇ。・・・でロニママさんも私と同じくちょっぴり最初はしっくりこなかったのね^^;
どんな絵柄の絵本にハマるか・・は本当にいまだによく判らなくて・・・博打みたいなもんだわ。

昔話は長いし 方言で語られていたりするので
なかなかピンとこないものが多いね。
先日も『かさじぞう』を読んだけど反応がなく(/_<)
ちょっと早いのかな・・・という気もするかな。
松谷さんのシリーズぜひぜひ読んでみてね。
うちも、最近ホネホネさんデビューしたよ~。
やっぱり、らぱんさんと同じく、私もイラストが・・・と思ってたのよ。
そして、同じくゆうきがはまり、私もはまりつつあります。(^^;
最初のページが楽しいんだよね。ゆうきも千尋ちゃんと同じことやってるよ。

それから、松谷さんのむかしばなしのシリーズ。知らなかった。
私もゆうきに昔話を読んであげたいと思ってるんだけど、昔話って長いよね。ちょうど良いくらいのがないかなぁと思ってたんだよね。
今度、このシリーズ探してみようっと。
西の魔女さん、こんばんは

いえいえ私こそゴブサタ続きで申し訳ないです。。。
西の魔女さんも・・・なんですね<ホネホネさん
こうしてみると結構私のような方も多いみたいですね。
息子ちゃんくらいになると絵本よりも児童書がメインになっちゃうのかなぁ。
読み聞かせというよりも一人読みが増えてくるんでしょうね。
ホネホネさんって結構大きな子にもウケそうなキャラじゃないかなぁと思います。
機会があったら息子ちゃんと読んでみてくださいね。
鞠香さん、こんばんは

そっかー鞠香さんちも逆パターンなのね。
なゆちゃんはセンダックのように美しいイラストが好みなのかなぁ。
ホネホネさんが怖いんだねーなゆちゃん。
図書館の冊数制限ね。そのために諦める絵本って毎回結構あるわー
次回借りようと思って帰るんだけど次回は次回で借りたい候補がいっぱいになっちゃっててね(^_^;)

子供が好きな絵本にハマるパターンあるよねー
そうそう母が読ませたい絵本にはほとんど食いつかない。
うちの場合は14ひきのシリーズとかエリックカールとかはそれに当てはまるかな~
さやぽん☆さん、こんばんは

さやぽん☆さんちも先週読んだのね、偶然だね♪
そしてホネホネさんのイラストに違和感を持ったっていう点で
さやぽん☆も同じなのね。ホッ(*^。^*)
これって読めば読むほど味が出る感じの絵本だよね。
『こんにちはおてがみです』
これにホネホネさんも出てくるんだね。
未読なんでぜひ読んでみたいわ~^^
うっちゃん、こんばんは

うっちゃんも?ちょっと安心~同じように苦手派がいてくれた。
そうそう、やっぱり子供が気に入れば愛着もわくよね、不思議なモンで。
息子ちゃんもページを前後しながら読んでるんだ。
土の中アパートはウチの子も好きなんだよね。
私としてはニョロコさんがどうやってミシンを扱うのかがちょっとギモン??深く考えずに読むのがイチバンかな^^;
ホネホネさんはこれがデビューなんでまだ他のは読んでないんだよね。
へぇ~ただの恋人同士かとおもいきや!
ホネコさんとの間にもう子供が?!
ますます他のシリーズ読みたくなってきました。
fooちゃん、こんばんは

へぇ~fooちゃんちとウチは逆パターンだね。
ホネホネさんは目からウロコだったのでもうちょっとシリーズで読んで見ようと思うよ。
そっかー絵本はとんと手にとってなく・・・ということは
小説はサクサク行っちゃってるということかな?
そういう意味でもウチと逆パターンかも。。。
図書館に行くたびに絵本10冊づつ借りてる私は絵本ばっかで
小説ゴブサタだもん^^;
またまたご無沙汰です。ごめんなさい。
ホネホネさんシリーズ 一冊だけ読んだ事があります。
…というのは らぴ~♪さんと一緒の理由(イラストが…)です^^;
我が家の子供達は もう大きくなってしまっていたので
私が一人で読んで 図書館に返してしまったのですが
もう一回借りてきて 子供に読ませてみようかな~って思いました(*^_^*)
案外 面白いって感じるかもしれませんね…
うちもfooさんと同じく、母は好きだけど娘がイマイチなホネホネさんです。恐いらしいよ^^;
これ、すっごく読みたくていつも手にとるんだけど、冊数制限に引っかかって割愛されちゃってます。今度こそ借りよう。むん。

その子供が好きな物にいつの間にかハマってるパターン、わかるわかる。
そういう絵本がいつくもあるよ。でも子供の方は、母の好きな本になかなかハマってくれない(笑)

幼稚園年少組が修了しました。とすると、ちひろちゃんの入園ももう秒読みですね。
良い出会いがたくさんあるといいですねー。
こんにちは♪♪
我が家もホネホネさん、先週読みました^^;
一緒だね☆

私も最初、ホネホネさんの絵苦手だったなあ。
『こんにちは おてがみです』で、ホネホネさんって・・・
と思いました♪

でも息子は大好きよ!
うちの子もうっちゃんのところ土の中のアパートが大好きです☆
はいはーい。
私もほねほねさんの絵がどうなの?と思うひとりです。
でも、子供が好きといった瞬間から
どんどんホネホネさんに愛着がでてきました。
ホネホネさんって始めはホネコさんと恋人どうしだったのに
気がつくと二人も子供ができてるよね(あ、マニアックかしら?)
うちの息子も始めの街の地図を何度もチェックしながら絵本を読むものだから時間が掛かってしょうがないです。
土の中のアパートが特に好きな様子です。
ホネホネさん、いいよね~。
うちは子どもにはイマイチなんだけど、
私が好きなのですよ(笑)。
最近、絵本はとんと手にとってないので、
こちらで楽しませていただいてます~。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

川の流れのゆるやかな中・下流域の淵や、湖沼、池の泥中に生息する。夜行性であり、昼間は物陰にじっとしている。肉食魚であり、小魚やエビ、カエルなどを捕食する。非常に貪欲で、ほとんど自分の体と変わらない大きさのものも丸飲みにする。ナマズは5月はじめから梅雨にか
楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。