*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スースーとネルネル
スースーとネルネル
荒井 良二作
偕成社 (1996.6)
通常24時間以内に発送します。


スースーはちょっとこわがりの男の子。
ネルネルは怖いものしらずの勇敢な女の子。
そんな二人はなかなか寝ない子供たちなんです。
二人はベッドにつくとお話を作って楽しみます。
一見すると漠然とした展開なんだけども
始めにスースーとネルネルの「くるかなあ」「くるわよ」
「ほんとにくるかな」「ほんとにくるわよ」というひっぱり(?)に
子どもは(一体何がくるのだろう??)と興味津々。
まんま作者の思うツボですね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
二人はそれから奇妙な世界を旅してゆくのだけども
「ちょっとコワイね」「たのしいわよ」と会話を繰り返しながら進んで行きます。
娘のお気に入りのページは二人の身体の何倍もあろうかという
巨大なビスケットやチョコレートを食べているところ。
「チョコレート!おーおきい~~」まさにヨダレを垂らさんばかりです(笑)
マンホールに入ったり一輪車に乗って橋を渡ったり
トロッコに乗ったり二人の空想の世界は続きます。
最初は怖いと言っていたスースーも「こわいけどたのしいよね」といって
静かな眠りにつきます。
暗がりを怖がる子ども達も穏やかな眠りにつけそうな夢のある展開。

この絵本は眠りにつこうとする子どもたちしか登場してきません。
親は?親は寝かしつけしなくていいの?羨ましいわァ~~
今ちょうど娘の寝かしつけに四苦八苦している私はまず思いました。
そうか裂
親の添い寝を卒業しようとする子どもたちに
“ひとりで眠りにつく”ことは全然怖いことじゃないんだよっていうメッセージが込められているのだな~と思いました。
何回かの読み聞かせの後 娘は一人で読んでいたんですが
しきりに「きたよ」「ほらやっぱりね」とか「こわいよね」「たのしいわよ」ばかり繰り返していて笑えました。

わかなさんのオススメで手にとってみました秊
わかなさん、ありがとう(^O^)/

この作品は『おやすみなさいおつきさま』に捧げるオマージュらしいのです。
愛子様の愛読書とされて有名になった絵本なのに
まだ手にして読んだことはありません。
時期としてもピッタリだし今度借りてみようと思います。

ちなみに今まで読んだおやすみ絵本は
★『おやすみなさいマーヤちゃん
★『14ひきのこもりうた
★『おやすみなさいメイシーちゃん
★『ぐっすりおやすみ
★『ノンタンおやすみなさい
★『マニマニのおやすみやさん

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

楽天ブックス


わたしの5つ★
大好きな大好きな絵本ばかりを集めてみました(^.^)
読み語り1万回にTRY
hi-b-j.gif
2006,10/15 start
◆いくつになったの◆

*script by KT*
◆ブログランキング◆
ランキングに参加しています
応援くださるとうれしいです。

FC2ブログランキング

コメントありがとう♪
◆カテゴリー◆
◆アーカイブス◆
◆いつもお世話になってマス~LINK集◆
◆プロフィール◆

ひつじ母ちゃん

Author:ひつじ母ちゃん
娘の小学校で読み聞かせやっています。

◆ブログの履歴書◆
2005年6月1日 開設
FC2カウンター
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
ブログ内検索
◆TBありがとう◆
RSSフィード
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。